電子書籍 闇市斬歌(マンガの金字塔) マンガ

完結
著: 政岡としや 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

闇市斬歌 1 あらすじ・内容

戦争が終わって半年目、昭和21年――秩序も警察力も食料もあらゆるものが不足していた時代に、闇市に行けばそこには…何かがあった。その「何か」を求めて飢えた人々が群れ集った。財閥は解体し中小商工業者も統制下で打ちひしがれていた。したがって闇市の支配者は日本経済の支配者でもあった。闇市の中でも一等地中の一等地、新橋を仕切る竹田組、その親分である竹田重吉は泣く子も黙る武闘派でありながら度量が大きく誰にも認められる傑物であった。竹田にひと目でほれ込んだ学生の堀田は、子分にしてほしいと竹田の元を訪れる…任侠と血煙立ち昇るバイオレンス・ロマンの傑作!

この作品を共有
  

「闇市斬歌(マンガの金字塔)」最新刊

戦争が終わって半年目、昭和21年――秩序も警察力も食料もあらゆるものが不足していた時代に、闇市に行けばそこには…何かがあった。その「何か」を求めて飢えた人々が群れ集った。財閥は解体し中小商工業者も統制下で打ちひしがれていた。したがって闇市の支配者は日本経済の支配者でもあった。闇市の中でも一等地中の一等地、新橋を仕切る竹田組、その親分である竹田重吉は泣く子も黙る武闘派でありながら度量が大きく誰にも認められる傑物であった。竹田にひと目でほれ込んだ学生の堀田は、子分にしてほしいと竹田の元を訪れる…任侠と血煙立ち昇るバイオレンス・ロマンの傑作!

「闇市斬歌(マンガの金字塔)」作品一覧

(4冊)

各220(税込)

まとめてカート

戦争が終わって半年目、昭和21年――秩序も警察力も食料もあらゆるものが不足していた時代に、闇市に行けばそこには…何かがあった。その「何か」を求めて飢えた人々が群れ集った。財閥は解体し中小商工業者も統制下で打ちひしがれていた。したがって闇市の支配者は日本経済の支配者でもあった。闇市の中でも一等地中の一等地、新橋を仕切る竹田組、その親分である竹田重吉は泣く子も黙る武闘派でありながら度量が大きく誰にも認められる傑物であった。竹田にひと目でほれ込んだ学生の堀田は、子分にしてほしいと竹田の元を訪れる…任侠と血煙立ち昇るバイオレンス・ロマンの傑作!

戦争が終わって半年目、昭和21年――秩序も警察力も食料もあらゆるものが不足していた時代に、闇市に行けばそこには…何かがあった。その「何か」を求めて飢えた人々が群れ集った。財閥は解体し中小商工業者も統制下で打ちひしがれていた。したがって闇市の支配者は日本経済の支配者でもあった。闇市の中でも一等地中の一等地、新橋を仕切る竹田組、その親分である竹田重吉は泣く子も黙る武闘派でありながら度量が大きく誰にも認められる傑物であった。竹田にひと目でほれ込んだ学生の堀田は、子分にしてほしいと竹田の元を訪れる…任侠と血煙立ち昇るバイオレンス・ロマンの傑作!

戦争が終わって半年目、昭和21年――秩序も警察力も食料もあらゆるものが不足していた時代に、闇市に行けばそこには…何かがあった。その「何か」を求めて飢えた人々が群れ集った。財閥は解体し中小商工業者も統制下で打ちひしがれていた。したがって闇市の支配者は日本経済の支配者でもあった。闇市の中でも一等地中の一等地、新橋を仕切る竹田組、その親分である竹田重吉は泣く子も黙る武闘派でありながら度量が大きく誰にも認められる傑物であった。竹田にひと目でほれ込んだ学生の堀田は、子分にしてほしいと竹田の元を訪れる…任侠と血煙立ち昇るバイオレンス・ロマンの傑作!

「闇市斬歌(マンガの金字塔)」の作品情報

レーベル
マンガの金字塔
出版社
グループ・ゼロ
ジャンル
マンガ 青年マンガ 男性向け バトル・格闘・アクション ヤンキー 完結
ページ数
123ページ (闇市斬歌 1)
配信開始日
2020年7月31日 (闇市斬歌 1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad