電子書籍 ANA857便を奪還せよ(柏艪舎) 実用

著: 相原秀起 

まずは、無料で試し読み

試し読み

25ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ANA857便を奪還せよ あらすじ・内容

1995年6月21日正午、羽田発函館行のANA857便が離陸直後にハイジャックされた。犯人はオウム真理教の信者と見られ、毒ガスのサリンを持っていると脅した。
 函館空港に着陸した857便を占拠するハイジャック犯に、北海道警察はその総力を挙げて対峙する。 警視庁の特殊部隊も投入され、事件解決へ向けて、極限まで緊迫する対策チーム。 一方その裏側で、事件報道という大役を担うマスコミも試行錯誤をくり返す。
 ハイジャックされた機内への強行突入という、日本警察史上唯一の事例である本事件は、以後の「危機管理」に重大な示唆を投げかけることとなった。
 本書は、四半世紀の時を経て、平成の事件史に残る“函館空港ハイジャック事件”の全貌を明らかにする。

  • シェア:

「ANA857便を奪還せよ(柏艪舎)」最新刊

1995年6月21日正午、羽田発函館行のANA857便が離陸直後にハイジャックされた。犯人はオウム真理教の信者と見られ、毒ガスのサリンを持っていると脅した。
 函館空港に着陸した857便を占拠するハイジャック犯に、北海道警察はその総力を挙げて対峙する。 警視庁の特殊部隊も投入され、事件解決へ向けて、極限まで緊迫する対策チーム。 一方その裏側で、事件報道という大役を担うマスコミも試行錯誤をくり返す。
 ハイジャックされた機内への強行突入という、日本警察史上唯一の事例である本事件は、以後の「危機管理」に重大な示唆を投げかけることとなった。
 本書は、四半世紀の時を経て、平成の事件史に残る“函館空港ハイジャック事件”の全貌を明らかにする。

「ANA857便を奪還せよ(柏艪舎)」の作品情報

レーベル
――
出版社
柏艪舎
ジャンル
実用 ノンフィクション
ページ数
257ページ (ANA857便を奪還せよ)
配信開始日
2020年8月7日 (ANA857便を奪還せよ)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。