電子書籍 異郷(HOPPAライブラリー) 文芸・小説

まずは、無料で試し読み

試し読み

22ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

異郷 あらすじ・内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

ヘミングウェイ生前未発表の短・中編全7編が新訳で甦る。わたし自身、いつかはヘミングウェイの小説を翻訳してみたいという思いを抱いてきたが、この翻訳書を前にして、その願いは諦めなければならないかもしれない。いまはただ、純粋な気持ちで、すばらしいヘミングウェイ訳者の登場を心から祝福しよう。 (推薦文より)日本ヘミングウェイ協会顧問東京女子大学名誉教授今村 楯夫【収録作品】『十字路の憂鬱』『死者たちの遠景』『汽車の旅』『ポーター』『何を見ても何かを思い出す』『本土からの吉報』『異郷』

  • シェア:

「異郷(HOPPAライブラリー)」最新刊

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

ヘミングウェイ生前未発表の短・中編全7編が新訳で甦る。わたし自身、いつかはヘミングウェイの小説を翻訳してみたいという思いを抱いてきたが、この翻訳書を前にして、その願いは諦めなければならないかもしれない。いまはただ、純粋な気持ちで、すばらしいヘミングウェイ訳者の登場を心から祝福しよう。 (推薦文より)日本ヘミングウェイ協会顧問東京女子大学名誉教授今村 楯夫【収録作品】『十字路の憂鬱』『死者たちの遠景』『汽車の旅』『ポーター』『何を見ても何かを思い出す』『本土からの吉報』『異郷』

「異郷(HOPPAライブラリー)」の作品情報

レーベル
HOPPAライブラリー
出版社
柏艪舎
ジャンル
文芸・小説 海外文学
ページ数
228ページ (異郷)
配信開始日
2020年8月7日 (異郷)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。