電子書籍 私の中の三島由紀夫(柏艪舎) 実用

著: 山本光伸 

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

私の中の三島由紀夫 あらすじ・内容

三島由紀夫に感謝を込めて。1970年11月25日。運命のあの日、私は楯の会会員とともに警察署の取調室の中にいた。楯の会を率い、陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地で森田必勝とともに自決した三島由紀夫。当時はもちろん今もなお、三島を“神”と崇める人もいれば、“狂人”と嘲る人もいる。しかし、日本を震撼させたあの“事件”もいまでは確実に風化しつつあるようだ。散る花と散らぬ花とを一身に兼ね備えなければならない“文武両道”。一方が実態であれば、他方は虚妄であらざるを得ないこの二つの世界を同時に生き抜いた一人の天才は、死後およそ50年という時の流れの中で、かつての若き著者にどのような試練をもたらしたのか……。

  • シェア:

「私の中の三島由紀夫(柏艪舎)」最新刊

三島由紀夫に感謝を込めて。1970年11月25日。運命のあの日、私は楯の会会員とともに警察署の取調室の中にいた。楯の会を率い、陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地で森田必勝とともに自決した三島由紀夫。当時はもちろん今もなお、三島を“神”と崇める人もいれば、“狂人”と嘲る人もいる。しかし、日本を震撼させたあの“事件”もいまでは確実に風化しつつあるようだ。散る花と散らぬ花とを一身に兼ね備えなければならない“文武両道”。一方が実態であれば、他方は虚妄であらざるを得ないこの二つの世界を同時に生き抜いた一人の天才は、死後およそ50年という時の流れの中で、かつての若き著者にどのような試練をもたらしたのか……。

「私の中の三島由紀夫(柏艪舎)」の作品情報

レーベル
――
出版社
柏艪舎
ジャンル
実用
ページ数
171ページ (私の中の三島由紀夫)
配信開始日
2020年8月7日 (私の中の三島由紀夫)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。