電子書籍 アメリカのデモクラシー(岩波文庫) 実用

著: トクヴィル  訳: 松本礼二 

まずは、無料で試し読み

試し読み

28ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

アメリカのデモクラシー 第一巻(上) あらすじ・内容

19世紀フランスの政治思想家トクヴィル(1805―59)が、アメリカ社会全般の透徹した分析を通して広い視野で近代デモクラシーを論じた、現代の民主主義を考えるにあたって読み直すべき古典的名著。1835年に刊行された第1巻(第2巻は1840年刊)では、アメリカ社会の具体的な分析を行なう。(全4冊)

  • シェア:

「アメリカのデモクラシー(岩波文庫)」最新刊

一国の人民の境遇が平等になるにつれて、個人はより小さく見え、社会はより大きく映る──国民の平等化が進んだ民主的国家にこそ生じる強力な専制政府の脅威を予言、個人の自由の制度的保障を主張する。(全4冊完結)

「アメリカのデモクラシー(岩波文庫)」作品一覧

(4冊)

858〜1,144(税込)

まとめてカート

19世紀フランスの政治思想家トクヴィル(1805―59)が、アメリカ社会全般の透徹した分析を通して広い視野で近代デモクラシーを論じた、現代の民主主義を考えるにあたって読み直すべき古典的名著。1835年に刊行された第1巻(第2巻は1840年刊)では、アメリカ社会の具体的な分析を行なう。(全4冊)

大国となりつつある米国で、デモクラシーが前例のない大規模に機能するには何が問題になるかを検証、後世の米ソ対立を予言する文章で締めくくる。「いつの日か世界の半分の運命を手中に収めることになるように思われる」(全4冊)

第1巻(1835年)でアメリカのデモクラシーの形成過程とその政治制度の運用について分析を行った著者は、第2巻(1840年)では、デモクラシーが人々の知的活動、感情、道徳などに及ぼす影響について考察する。(全4冊)

「アメリカのデモクラシー(岩波文庫)」の作品情報

レーベル
岩波文庫
出版社
岩波書店
ジャンル
実用 政治 社会
ページ数
521ページ (アメリカのデモクラシー 第一巻(上))
配信開始日
2020年8月21日 (アメリカのデモクラシー 第一巻(上))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。