電子書籍 愛を貫くプリンス(ハーレクイン・イマージュ) 文芸

著者: レイ・モーガン  翻訳者: 和香ちか子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

チョコレート・プリンセス あらすじ・内容

記憶を失い、夜更けの橋の上で途方に暮れていたマリサ。見知らぬ男性の家に連れていかれるが、そこは壮麗な宮殿で、なんと彼は王子ニコだった。

夜もふけたころ、マリサは橋の上で途方にくれていた。自分がだれかもわからず、行くあてもない。倒れたときに頭を打ち、記憶を失ってしまったらしい。そこへ現れた見知らぬ男性がしつこく彼女に事情を尋ね、いくら拒んでも、ほうってはおけないと言い張って立ち去らない。男らしい魅力と存在感に満ちた彼に圧倒され、ついに根負けしたマリサは彼の家に行くことにした。ところが連れていかれたのは壮麗な宮殿……ここが彼の家?「あなたはプリンスなの?」呆然として尋ねるマリサに、モンテネヴァダ王家のプリンス・ニコは瞳をきらめかせてほほえんだ。★ヨーロッパの小国カルネシアの王子たちが愛を貫く姿を描く三部作。次回は第三王子ミケイルの物語をお届けします。どうぞお楽しみに。★

この作品を共有

「愛を貫くプリンス(ハーレクイン・イマージュ)」最新刊

込み合うダンスクラブでデーン・モンテネヴァダはついにさがし求めていた女性アレックス・アクレドナを見つけた。内戦の末、デーンは敵対するアクレドナ家から政権を取り戻したが、家族とともに国外に逃れたアレックスの行方はわからなくなっていた。惹かれ合いながらも内戦によって引き裂かれた二人は二度と会うことはないはずだったが……。デーンにはどうしても彼女に会って確かめたいことがあった。そしてアレックスには絶対に彼に知られたくない秘密があった。突然現れたデーンを前にして彼女は恐怖に凍りつく。逃げなくては。いくら彼が恋しくても、秘密を守るために。◆R・モーガンがお届けしている三部作〈愛を貫くプリンス〉もいよいよ最終話。皇太子デーンの登場です。あきらめたはずの女性への思いが消えることなく胸でくすぶり、次期国王としての責任とのジレンマに悩んだ彼の決断は……?◆

「愛を貫くプリンス(ハーレクイン・イマージュ)」作品一覧

(3冊)

各600円 (+税)

まとめてカート

夜もふけたころ、マリサは橋の上で途方にくれていた。自分がだれかもわからず、行くあてもない。倒れたときに頭を打ち、記憶を失ってしまったらしい。そこへ現れた見知らぬ男性がしつこく彼女に事情を尋ね、いくら拒んでも、ほうってはおけないと言い張って立ち去らない。男らしい魅力と存在感に満ちた彼に圧倒され、ついに根負けしたマリサは彼の家に行くことにした。ところが連れていかれたのは壮麗な宮殿……ここが彼の家?「あなたはプリンスなの?」呆然として尋ねるマリサに、モンテネヴァダ王家のプリンス・ニコは瞳をきらめかせてほほえんだ。★ヨーロッパの小国カルネシアの王子たちが愛を貫く姿を描く三部作。次回は第三王子ミケイルの物語をお届けします。どうぞお楽しみに。★

アビーは姪ブリアナを連れて王家の古い別荘に身をひそめていた。王家の主治医である伯父がブリアナを皇太子の落とし子に仕立てあげ、権力を手にしようと企んでいるのを知って逃げ出してきたのだ。出産と同時に亡くなった姉に、この子を守ると約束したから。ところが、今は使われていないはずの無人の別荘に突然、王家の三兄弟の末弟プリンス・ミケイルが現れた。ハンサムなプレイボーイと評判の彼が、なぜ一人でこんなところに?アビーはうろたえた。とにかく、逃げなければ。別荘に忍び込んだ理由をプリンスに明かすわけにはいかない。今、宮殿を揺るがしている騒ぎに私が深くかかわっていることを。◆ヨーロッパの小国カルネシアの王子たちが愛を貫く姿を描く三部作。最終話の次回は第一王子デーンの物語をお届けします。お楽しみに。◆

込み合うダンスクラブでデーン・モンテネヴァダはついにさがし求めていた女性アレックス・アクレドナを見つけた。内戦の末、デーンは敵対するアクレドナ家から政権を取り戻したが、家族とともに国外に逃れたアレックスの行方はわからなくなっていた。惹かれ合いながらも内戦によって引き裂かれた二人は二度と会うことはないはずだったが……。デーンにはどうしても彼女に会って確かめたいことがあった。そしてアレックスには絶対に彼に知られたくない秘密があった。突然現れたデーンを前にして彼女は恐怖に凍りつく。逃げなくては。いくら彼が恋しくても、秘密を守るために。◆R・モーガンがお届けしている三部作〈愛を貫くプリンス〉もいよいよ最終話。皇太子デーンの登場です。あきらめたはずの女性への思いが消えることなく胸でくすぶり、次期国王としての責任とのジレンマに悩んだ彼の決断は……?◆

「愛を貫くプリンス(ハーレクイン・イマージュ)」の作品情報

レーベル
ハーレクイン・イマージュ
出版社
ハーレクイン(小説)
ジャンル
文芸 ハーレクイン(小説)
ページ数
204ページ (チョコレート・プリンセス)
配信開始日
2012年12月26日 (チョコレート・プリンセス)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad