電子書籍 パークアベニューにようこそ(ハーレクイン・ディザイア) 文芸

著者: モーリーン・チャイルド  翻訳者: 渡部夢霧 

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

魔法の夜を何度でも あらすじ・内容

ハンサムな富豪マックスとの一夜から子供を宿した令嬢ジュリア。妊娠を打ち明けるが、彼は自分の子と認めなかった。そんな折、脅迫状が届いて……。

高級アパートメントに住むジュリアは、ここ数日悩んでいた。というのも、二カ月ほど前にハンサムな富豪マックスと愛を交わし、その際に彼の子を宿したことがわかったのだ。思いきって、妊娠したとマックスに打ち明けたものの、彼は〝自分の子であるはずがない〟の一点張りで、ジュリアの話にろくに耳を貸そうともしない。体の関係以上の何かがある……そう思ったのは私だけだったのね。ジュリアは落胆を振り払い、子供を一人で育てようと決意した。そんな折、差出人のない一通の手紙がジュリアの家に届けられる。〝妊娠したことを世間にばらされたくなければ、百万ドル用意しろ〟突然の脅迫状に、ジュリアは息をのんだ。◆今月から作家競作六部作〈パークアベニューにようこそ〉がスタートいたします。豪奢なアパートメントを舞台にどんなロマンスが繰り広げられるのか、ご期待ください!◆

この作品を共有

「パークアベニューにようこそ(ハーレクイン・ディザイア)」最新刊

マンハッタンで暮らす最愛の妹が、謎の死を遂げた。ジャシンダは真相を知るため妹が住んでいたアパートメントに潜入し、偽名を使い、家政婦として豪華なペントハウスで働き始める。妹には秘密の恋人がいたことがわかっており、その相手がペントハウスの主、ゲイジではないかと考えたからだ。もしかしたら彼が妹を殺したのかもしれない――そう疑い、ジャシンダはゲイジの身辺を探るが、妹と彼をつなぐ証拠は見当たらず、かえって魅力的な彼にどんどん惹かれていってしまう。
そんな矢先、ついに身分を偽っていたことがゲイジにばれて……。■作家競作六部作〈パークアベニューにようこそ〉も最終話を迎えました。長い間、ご愛読ありがとうございました。

「パークアベニューにようこそ(ハーレクイン・ディザイア)」作品一覧

(6冊)

各600円 (+税)

まとめてカート

高級アパートメントに住むジュリアは、ここ数日悩んでいた。というのも、二カ月ほど前にハンサムな富豪マックスと愛を交わし、その際に彼の子を宿したことがわかったのだ。思いきって、妊娠したとマックスに打ち明けたものの、彼は〝自分の子であるはずがない〟の一点張りで、ジュリアの話にろくに耳を貸そうともしない。体の関係以上の何かがある……そう思ったのは私だけだったのね。ジュリアは落胆を振り払い、子供を一人で育てようと決意した。そんな折、差出人のない一通の手紙がジュリアの家に届けられる。〝妊娠したことを世間にばらされたくなければ、百万ドル用意しろ〟突然の脅迫状に、ジュリアは息をのんだ。◆今月から作家競作六部作〈パークアベニューにようこそ〉がスタートいたします。豪奢なアパートメントを舞台にどんなロマンスが繰り広げられるのか、ご期待ください!◆

高級アパートメントに住むキャリーは、毎晩のように、あることに悩まされている。隣の部屋に悪名高いプレイボーイのトレントが住んでいて、彼のもとを訪れる“トレント部隊”なる女性たちが間違ってキャリーの部屋のドアベルを鳴らすのだ。おかげで睡眠不足とストレスにさいなまれ、ついに業を煮やしたキャリーは、トレントに直談判をしに行く。もちろんキャリーは、夢にも思っていなかった。トレントが今すぐ花嫁を娶らねばならない状況に陥っていて、まさかその花嫁候補として目をつけられてしまうとは。◆作家競作六部作〈パークアベニューにようこそ〉二話目は、人気作家ローラ・ライトが筆を執ります。前作のヒロインを悩ませた差出人のない脅迫状が、今度はトレントのもとに届いたようで……。来月は、カスピア国の王子が登場します。

「辞めさせていただきます」テッサはとうとう心を決め、ボスであるカスピア国王子セバスチャンに辞職の意を告げた。五年ものあいだ、セバスチャンにひそかに憧れながら、ニューヨーク支部の秘書として従順に務めてきた。雑用や彼のデート相手からの電話に応対するばかりでなく、そろそろ自分のために新しい人生を始めるときだ。セバスチャンは何かと理由をつけて引き止めようとしたが、テッサの熱意に負けたらしく、ついにこう言った。辞める前にカスピアへ同行し、会議の準備をしてほしい、と。美しい海の国には興味があったので、最後ならばとテッサは了承する。のちにその判断を後悔することになるとは思わずに。

「パークアベニューにようこそ(ハーレクイン・ディザイア)」の作品情報

レーベル
ハーレクイン・ディザイア
出版社
ハーレクイン(小説)
ジャンル
文芸 ハーレクイン(小説)
ページ数
192ページ (魔法の夜を何度でも)
配信開始日
2012年12月26日 (魔法の夜を何度でも)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad