電子書籍 死者と言葉を交わすなかれ(講談社タイガ) 文芸・小説

著: 森川智喜 

まずは、無料で試し読み

試し読み

16ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

死者と言葉を交わすなかれ あらすじ・内容

貴方に
この声が
聞こえる?

京大生が100%騙された
驚愕のミステリー、誕生。

☆☆☆

読み終えたらこんな気持ちになるなんて、思ってもみなかった(京都大学学生T)

探偵であるさくらと小竹がたどり着いた真実――だけで終わったら、どれほど良かっただろう(京都大学学生M)

死者の声なんて聞こえるはずがない。そう思っていた時期もありました(京都大学学生O)

純然たるミステリーの手つきに惚れ惚れします(京都大学学生N)

☆☆☆

“死者”と語り続けた後、彼は命を落とした――。

不狼煙さくらは探偵・箒山小竹との浮気調査中に、調査対象の死に遭遇。
一見病死だが、仕掛けた盗聴器からは“死者との会話”が流れ出してきた!? 

これは自然死か、死者の呪いなのか……。
旧知の警察官に事務所廃業の脅しをかけられるなか、 真相を追う二人は予想だにしない悪意に出会う――。

デビュー二作目にして本格ミステリ大賞を受賞した天才に、あなたは絶対に騙される。

この作品を共有

「死者と言葉を交わすなかれ(講談社タイガ)」最新刊

貴方に
この声が
聞こえる?

京大生が100%騙された
驚愕のミステリー、誕生。

☆☆☆

読み終えたらこんな気持ちになるなんて、思ってもみなかった(京都大学学生T)

探偵であるさくらと小竹がたどり着いた真実――だけで終わったら、どれほど良かっただろう(京都大学学生M)

死者の声なんて聞こえるはずがない。そう思っていた時期もありました(京都大学学生O)

純然たるミステリーの手つきに惚れ惚れします(京都大学学生N)

☆☆☆

“死者”と語り続けた後、彼は命を落とした――。

不狼煙さくらは探偵・箒山小竹との浮気調査中に、調査対象の死に遭遇。
一見病死だが、仕掛けた盗聴器からは“死者との会話”が流れ出してきた!? 

これは自然死か、死者の呪いなのか……。
旧知の警察官に事務所廃業の脅しをかけられるなか、 真相を追う二人は予想だにしない悪意に出会う――。

デビュー二作目にして本格ミステリ大賞を受賞した天才に、あなたは絶対に騙される。

「死者と言葉を交わすなかれ(講談社タイガ)」の作品情報

レーベル
講談社タイガ
出版社
講談社
ジャンル
文芸・小説 ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
285ページ (死者と言葉を交わすなかれ)
配信開始日
2020年10月15日 (死者と言葉を交わすなかれ)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad