電子書籍 首イラズ~華族捜査局長・周防院円香(すおういんまどか)~(光文社) 文芸・小説

著: 岡田秀文 

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

首イラズ~華族捜査局長・周防院円香(すおういんまどか)~ あらすじ・内容

円香さまが動けば、事件が動く、国が動く――。〈麗人公爵・周防院円香〉が連続殺人に挑む大正時代ミステリー! 時は大正、警察庁に「華族捜査局」が新設された。局長の周防院円香と、来見甲士郎は、九鬼梨伯爵家で起きた毒殺事件を捜査する。動機は相続権争いと思われた矢先、彼らの前に第二の犠牲者の「生首」が現れ、九鬼梨家の「首なし村の呪い」が明らかに。犯人の真の目的、暴いてはならなかった“一族の秘密”とは……。

この作品を共有

「首イラズ~華族捜査局長・周防院円香(すおういんまどか)~(光文社)」最新刊

円香さまが動けば、事件が動く、国が動く――。〈麗人公爵・周防院円香〉が連続殺人に挑む大正時代ミステリー! 時は大正、警察庁に「華族捜査局」が新設された。局長の周防院円香と、来見甲士郎は、九鬼梨伯爵家で起きた毒殺事件を捜査する。動機は相続権争いと思われた矢先、彼らの前に第二の犠牲者の「生首」が現れ、九鬼梨家の「首なし村の呪い」が明らかに。犯人の真の目的、暴いてはならなかった“一族の秘密”とは……。

「首イラズ~華族捜査局長・周防院円香(すおういんまどか)~(光文社)」の作品情報

レーベル
――
出版社
光文社
ジャンル
文芸・小説 ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
413ページ (首イラズ~華族捜査局長・周防院円香(すおういんまどか)~)
配信開始日
2020年10月21日 (首イラズ~華族捜査局長・周防院円香(すおういんまどか)~)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad