電子書籍 暴虐帝の蜜愛花嫁 孤独な皇女は愛にとろける(ガブリエラブックス) ラノベ

著: 小出みき  イラスト: 旭炬 

まずは、無料で試し読み

試し読み

23ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

暴虐帝の蜜愛花嫁 孤独な皇女は愛にとろける【特典付き】 あらすじ・内容

「間違いは正せる。認める勇気さえあれば」
不吉な色の瞳を忌まれていた皇女アディーヤは、停戦条約の一環で亡き母の故国ヴァジレウスの皇帝リュークヴェルトに嫁ぐ。暴虐帝との噂に反して彼は有能で優しい美丈夫だった。「頭で理解できなくても身体はわかってる。こんなにしっくりとなじんで…」夫に溺愛され、人生で初めての幸せを知る彼女だったが、二人の命を狙う幾つもの陰謀に襲われて…!?
書き下ろし番外編も収録!
※こちらの作品にはイラストが収録されています。
尚、イラストは紙書籍と電子版で異なる場合がございます。ご了承ください。

この作品を共有

「暴虐帝の蜜愛花嫁 孤独な皇女は愛にとろける(ガブリエラブックス)」最新刊

「間違いは正せる。認める勇気さえあれば」
不吉な色の瞳を忌まれていた皇女アディーヤは、停戦条約の一環で亡き母の故国ヴァジレウスの皇帝リュークヴェルトに嫁ぐ。暴虐帝との噂に反して彼は有能で優しい美丈夫だった。「頭で理解できなくても身体はわかってる。こんなにしっくりとなじんで…」夫に溺愛され、人生で初めての幸せを知る彼女だったが、二人の命を狙う幾つもの陰謀に襲われて…!?
書き下ろし番外編も収録!
※こちらの作品にはイラストが収録されています。
尚、イラストは紙書籍と電子版で異なる場合がございます。ご了承ください。

「暴虐帝の蜜愛花嫁 孤独な皇女は愛にとろける(ガブリエラブックス)」の作品情報

レーベル
ガブリエラブックス
出版社
メディアソフト
ジャンル
ライトノベル
ページ数
347ページ (暴虐帝の蜜愛花嫁 孤独な皇女は愛にとろける【特典付き】)
配信開始日
2020年10月30日 (暴虐帝の蜜愛花嫁 孤独な皇女は愛にとろける【特典付き】)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad