電子書籍 文学少女対数学少女(ハヤカワ・ミステリ文庫) 文芸・小説

著: 陸 秋槎  訳: 稲村文吾 
みんなの★
4.0

まずは、無料で試し読み

試し読み

33ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

文学少女対数学少女 あらすじ・内容

高校2年生の“文学少女”陸秋槎は自作の推理小説をきっかけに、孤高の天才“数学少女”韓采蘆と出逢う。彼女は作者の陸さえ予想だにしない真相を導き出して……“犯人当て”をめぐる論理の探求「連続体仮説」、数学史上最大の難問を小説化してしまう「フェルマー最後の事件」のほか、ふたりが出逢う様々な謎とともに新たな作中作が提示されていく全4篇の連作集。華文青春本格ミステリの新たなる傑作! 解説:麻耶雄嵩

この作品を共有

「文学少女対数学少女(ハヤカワ・ミステリ文庫)」最新刊

高校2年生の“文学少女”陸秋槎は自作の推理小説をきっかけに、孤高の天才“数学少女”韓采蘆と出逢う。彼女は作者の陸さえ予想だにしない真相を導き出して……“犯人当て”をめぐる論理の探求「連続体仮説」、数学史上最大の難問を小説化してしまう「フェルマー最後の事件」のほか、ふたりが出逢う様々な謎とともに新たな作中作が提示されていく全4篇の連作集。華文青春本格ミステリの新たなる傑作! 解説:麻耶雄嵩

「文学少女対数学少女(ハヤカワ・ミステリ文庫)」の作品情報

レーベル
ハヤカワ・ミステリ文庫
出版社
早川書房
ジャンル
文芸・小説 SF 海外文学 ミステリー・推理・サスペンス 推理
ページ数
306ページ (文学少女対数学少女)
配信開始日
2020年12月3日 (文学少女対数学少女)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad