電子書籍 記録屋レック(IIV) ラノベ

著者: 三宅 蘭二朗  イラスト: nyoro 

まずは、無料で試し読み

試し読み

27ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

記録屋レック あらすじ・内容

伝説の黒曜竜アドヴァーザをめぐる極上の冒険譚、ここに開幕――!

かつて一つの都市・ファースを怒り狂う竜の群れが瞬く間に滅ぼした――そんな「ファースの悲劇」で破壊の限りを尽くし大災厄として人々から恐れられ、畏怖の存在となった“竜(ドラゴン)”。
幼少時に伝説の黒曜竜アドヴァーザに命を救われたレックは青年へと成長し、竜にも心があると人々に証明するため「記録屋(シューター)」となった。伝説の竜と再会するため、彼は仲間のビスタとロコと共に命を賭して勇猛果敢に竜に立ち向かい、その生態を記録し続けている。
ある日、そんなレックたちの前に“竜学者”を名乗る少女ピクシーが現れ、レックが探し続けている「黒曜竜」の発見を手伝って欲しいと依頼されることになるのだが……!?
伝説の竜をめぐり、命知らずの記録屋たちの冒険譚が今始まる――!

この作品を共有

「記録屋レック(IIV)」最新刊

かつて一つの都市・ファースを怒り狂う竜の群れが瞬く間に滅ぼした――そんな「ファースの悲劇」で破壊の限りを尽くし大災厄として人々から恐れられ、畏怖の存在となった“竜(ドラゴン)”。
幼少時に伝説の黒曜竜アドヴァーザに命を救われたレックは青年へと成長し、竜にも心があると人々に証明するため「記録屋(シューター)」となった。伝説の竜と再会するため、彼は仲間のビスタとロコと共に命を賭して勇猛果敢に竜に立ち向かい、その生態を記録し続けている。
ある日、そんなレックたちの前に“竜学者”を名乗る少女ピクシーが現れ、レックが探し続けている「黒曜竜」の発見を手伝って欲しいと依頼されることになるのだが……!?
伝説の竜をめぐり、命知らずの記録屋たちの冒険譚が今始まる――!

「記録屋レック(IIV)」の作品情報

レーベル
IIV
出版社
ドワンゴ
ジャンル
ライトノベル めがイラスト
ページ数
275ページ (記録屋レック)
配信開始日
2020年12月25日 (記録屋レック)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad