電子書籍 『氷の悪女』は王子から婚約破棄を宣告される その結果国家滅亡の危機だそうですが私、それどころではありません(レジーナブックス) 新文芸

著: 高瀬ゆみ  イラスト: iyutani 

まずは、無料で試し読み

試し読み

54ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

『氷の悪女』は王子から婚約破棄を宣告される その結果国家滅亡の危機だそうですが私、それどころではありません あらすじ・内容

辺境伯令嬢であるセレスは、とある事情で『氷の悪女』と根も葉もない噂を立てられていた。婚約者のクリストファーも噂を否定するどころかセレスに冷たく当たる。そんな時、セレス達の暮らす人間の国に、獣人の国の使節団がやってくることになった。獣人の王であるローファンは、人を恐れさせる姿とは裏腹に誠実で穏やかな性格をしており、会ったばかりのはずのセレスにも優しい。交友を深めるうち、セレスはローファンに惹かれるようになり……。 ※電子版は単行本をもとに編集しています。

この作品を共有

「『氷の悪女』は王子から婚約破棄を宣告される その結果国家滅亡の危機だそうですが私、それどころではありません(レジーナブックス)」最新刊

辺境伯令嬢であるセレスは、とある事情で『氷の悪女』と根も葉もない噂を立てられていた。婚約者のクリストファーも噂を否定するどころかセレスに冷たく当たる。そんな時、セレス達の暮らす人間の国に、獣人の国の使節団がやってくることになった。獣人の王であるローファンは、人を恐れさせる姿とは裏腹に誠実で穏やかな性格をしており、会ったばかりのはずのセレスにも優しい。交友を深めるうち、セレスはローファンに惹かれるようになり……。 ※電子版は単行本をもとに編集しています。

「『氷の悪女』は王子から婚約破棄を宣告される その結果国家滅亡の危機だそうですが私、それどころではありません(レジーナブックス)」の作品情報

レーベル
レジーナブックス
出版社
アルファポリス
ジャンル
新文芸 女性向け ファンタジー
ページ数
333ページ (『氷の悪女』は王子から婚約破棄を宣告される その結果国家滅亡の危機だそうですが私、それどころではありません)
配信開始日
2020年12月18日 (『氷の悪女』は王子から婚約破棄を宣告される その結果国家滅亡の危機だそうですが私、それどころではありません)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad