電子書籍 これからの「教育」の話をしよう(NextPublishing) 実用

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

これからの「教育」の話をしよう あらすじ・内容

Facebookのグループ「学校広報ソーシャルメディア活用勉強会」(略称:GKB48)が2012年に主催したカンファレンス『これからの「教育」の話をしよう ~教育改革×ソーシャルの力』の講演内容を書籍化しました。気鋭の論者16人のスピーチからソーシャルメディアの力を活かした新時代の教育の姿を展望します。

  • シェア:

「これからの「教育」の話をしよう(NextPublishing)」最新刊

コロナ禍を機にデジタライゼーションへのニーズが高まる日本の教育現場。今教育の本質が問われる急激な変化があらゆる教育機関で起こっています。
本書は、教育関係者が集まるFacebook上のグループ、学校広報ソーシャルメディア活用勉強会(略称:GKB48)による、教育改革をテーマにした人気シリーズの第6弾。オンライン教育はもとより大学生のキャリア教育からドラッガーの組織論まで幅広い研究テーマを実践する明治大学の阪井和男教授、コロナ禍において、いち早く全学オンライン導入を決定した日本薬科大学の都築稔副学長など第一線で活躍する教育者のインタビューや、GIGAスクール構想への取り組み、第7回GKB48 教育カンファレンスのスピーチを掲載。ウィズコロナ、アフターコロナに向けて、新しい教育の展望を示します。

「これからの「教育」の話をしよう(NextPublishing)」作品一覧

(6冊)

1,153〜1,980(税込)

まとめてカート

Facebookのグループ「学校広報ソーシャルメディア活用勉強会」(略称:GKB48)が2012年に主催したカンファレンス『これからの「教育」の話をしよう ~教育改革×ソーシャルの力』の講演内容を書籍化しました。気鋭の論者16人のスピーチからソーシャルメディアの力を活かした新時代の教育の姿を展望します。

教育関係者が集まるソーシャルメディア上のグループ、学校広報ソーシャルメディア活用勉強会(略称:GKB48)が開催した第3回教育カンファレンスの内容を書籍化。「教育改革×ICT力」をテーマにしたこのカンファレンスのプレゼンテーターから13人のスピーチを採録しています。幼児教育、通信制高校、大学改革など多様な視点からICTの位置付けが語られるほか、教育支援サービスの実例も紹介。さらに教育関係者に関心の高い「アクティブ・ラーニング」と「人格教育」の最前線を追加取材しています。ベストセラー「『これからの「教育」の話をしよう ~教育改革×ソーシャルの力』、待望の続刊です。
【目次】
第はじめに
第1章 教育の現場から
 「アクティブ・ラーニング」
 「人格を創る」
第2章 プレゼンテーション
 01 慶應卒元吉本芸人が語る! AO・推薦入試対策を通して体得するダルマ力 [内藤紗弥花 VITA]
 02 大学をきちんと比較検討できるwebサイトを作る [塩野克彦]
 03 被災地で対話の場を拓く~被災地における「哲学的対話実践」の可能性について~[西村高宏]
 04 国立大学改革と広報 [川村 匡]
 05 世界大学ランキングについて(世界の中の日本の大学) [葭森祐義]
 06 ググったらそこに授業のある社会[杉山一希]
 07 小中高の現場からたどり着いた、幼児教育でのICT活用 [田中康平]
 08 全日型通信制高校の挑戦 [今窪一太]
 09 耳と声を使う国際コミュニケーション教育 [今井宏美]
 10 デジタルキャンパス構想 [安藤 昇]
 11 大学が発信したい情報と、記者が求めている情報のギャップとは? [小林 聡]
 12 Teach For Japanの挑戦 [松田悠介]
 13 交流と創造、そして学びの場へ [小松 大]
おわりに
 大規模土砂災害被災地、広島から
 大学の形

教育関係者が集まるソーシャルメディア上のグループ、学校広報ソーシャルメディア活用勉強会(略称:GKB48)が開催した第4回教育カンファレンスの内容を書籍化。「共感からコラボレーションへの飛躍-10年後の教育環境をイメージして」をテーマにしたこのカンファレンスから、世界的なオンライン教育サービス「MOOCS」の動きを福原美三氏が解説するのをはじめ、全10人のスピーチを採録。これからの人材を育てる「学びの場」を多用な視点で語ります。『これからの「教育」の話をしよう ~教育改革×ソーシャルの力』『これからの「教育」の話をしよう2 ~教育改革×ICT力』に続く教育改革論、待望の第3弾です。
【目次】
はじめに
第1章 「未来の教室」を探る
  MOOCの動向とJMOOCの現状および今後の展望[福原美三]
第2章 プレゼンテーション
 01 無償のG Suite for Educationで教育と学校経営を変える![田尻慎太郎]
 02 ICT推進がもたらす学校の進化[簗瀬 誠]
 03 支援活動から生まれた「共感」を子どもたちの教育に[古島尚弥]
 04 これからを生きる生徒が幸せに生きていくための「ライフ・コース・デザイン」授業を目指して[藤牧 朗]
 05 デジタルネイティブ時代に向けた新しい学校広報―学校広報は“Engagement”の時代へ[千葉友範]
 06 〝オンリーワン発見ゼミナール〟実録発表~問題児を社会へ~[三井豊久]
 07 Eラーニング時代のコーチングの可能性、教育学を超える「学習学」の提唱者[本間正人]
 08 いま問われている学校の役割―「教える」から「学ぶ」への大転換―[安居長敏]
 09 未来の教育環境を考えてみよう[渡邉純一]
おわりに

「これからの「教育」の話をしよう(NextPublishing)」の作品情報

レーベル
NextPublishing
出版社
インプレスR&D(NextPublishing)
ジャンル
実用
ページ数
161ページ (これからの「教育」の話をしよう)
配信開始日
2016年8月25日 (これからの「教育」の話をしよう)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad