電子書籍 放課後の聖女さんが尊いだけじゃないことを俺は知っている(富士見ファンタジア文庫) ラノベ

著者: 戸塚 陸  イラスト: たくぼん 
みんなの★
4.6

まずは、無料で試し読み

試し読み

56ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

放課後の聖女さんが尊いだけじゃないことを俺は知っている あらすじ・内容

甘くて、尊い、二人の青春のはじまり――

「きみも来る?」時刻は午後11時。
平凡な高校生・倉木大和はコンビニからの帰宅途中に、同級生で聖女と呼ばれる美少女・白瀬聖良と出会う。
彼女に誘われるまま、真夜中の繁華街で共に時間を過ごし、その日をきっかけに二人の交流がはじまった。
 初めてのダーツ、CD貸し借り、ラーメン巡り……。
たまに甘えてきて、少しやんちゃな一面のある聖良と関わるうちに、大和の退屈だった日常は色づいていく。
「あのとき、大和がついてきてくれて、ほんとによかった」
 どこまでも自然体な聖女さんと過ごす、甘くて、尊い、青春と恋の物語がはじまる――。

  • シェア:

「放課後の聖女さんが尊いだけじゃないことを俺は知っている(富士見ファンタジア文庫)」最新刊

季節は夏。”聖女”と呼ばれる美少女・聖良と、平凡な高校生・大和の二人はマイペースに夏を満喫していた。そんな中、学校ではカップルが増加する体育祭期間に入り、聖良は大人気。一方、大和にも転機が訪れ――?

「放課後の聖女さんが尊いだけじゃないことを俺は知っている(富士見ファンタジア文庫)」作品一覧

(2冊)

748〜792(税込)

まとめてカート

「きみも来る?」時刻は午後11時。
平凡な高校生・倉木大和はコンビニからの帰宅途中に、同級生で聖女と呼ばれる美少女・白瀬聖良と出会う。
彼女に誘われるまま、真夜中の繁華街で共に時間を過ごし、その日をきっかけに二人の交流がはじまった。
 初めてのダーツ、CD貸し借り、ラーメン巡り……。
たまに甘えてきて、少しやんちゃな一面のある聖良と関わるうちに、大和の退屈だった日常は色づいていく。
「あのとき、大和がついてきてくれて、ほんとによかった」
 どこまでも自然体な聖女さんと過ごす、甘くて、尊い、青春と恋の物語がはじまる――。

季節は夏。”聖女”と呼ばれる美少女・聖良と、平凡な高校生・大和の二人はマイペースに夏を満喫していた。そんな中、学校ではカップルが増加する体育祭期間に入り、聖良は大人気。一方、大和にも転機が訪れ――?

「放課後の聖女さんが尊いだけじゃないことを俺は知っている(富士見ファンタジア文庫)」の作品情報

レーベル
富士見ファンタジア文庫
出版社
KADOKAWA
ジャンル
ライトノベル 男性向け めがイラスト
ページ数
251ページ (放課後の聖女さんが尊いだけじゃないことを俺は知っている)
配信開始日
2021年5月20日 (放課後の聖女さんが尊いだけじゃないことを俺は知っている)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad