電子書籍 金運上昇 銭道(インプレス) 新書

著: 青木雄二  著: 青木雄二プロダクション 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

金運上昇 銭道 これさえ知ってたらドン底には落ちんで!!篇 あらすじ・内容

『ナニワ金融道』著者によるキレイごと抜きのコラム集

※本書はビッグコミックブックス『銭道』(小学館)より選定し、青木プロダクションが構成・修したものです。
<本文より>
僕はいつかこういった本の中で、青木流の銭に対する価値観・生き方を問うてみたい、自分なりの秘訣を惜しげもなく公開したいと思っていたのです。

『銭道』シリーズを通じて、僕の方からいくつか条件を出させてもらおうと思っております。この条件をクリアできない人は、金持ちになどなれません。
たとえば過去において、金儲けのベストセラー本を購入した事のある人、『金持ち○さん』とか『投資戦略○○○○』みたいな本を読んで、なるほどと思った人は、僕の塾には向いていないと思うのです。それはなぜか? あれらの本に書いてある事を効果的に実践できる人は、すでに最低でも三千万から五千万程度の資産を持っている人に限られるからなのです。

「アホか! 肝心の本業で金持ちに搾取されとるさかい、資産など作れんのやないか!」と、どつきたくなるような中身の本には、もうおさらばしませんか?
<目次>
●「神はいない」と誓えまっか?
●自分が労働者だと自覚してまっか?
●自分の収支キッチリ知ってまっか?
●職業に貴賤なしは大ウソや!
●学歴社会はもう妄想なんやで!!
●見栄なんか張ってたら浮かばれんのやで!
●国は金持ちしか助ける気はないんやで!!
●完全失業率って何か知ってまっか?
●政府は「庶民から銭を奪う」方針に切り換えておるのやで!!
<著者紹介>
青木 雄二(あおき ゆうじ)
1945年、京都生まれ。某工業高校の土木科を卒業。電鉄会社、公務員、パチンコ店員、ボーイなど30種類以上の職を渡り歩きながら、暇を見つけては漫画を描き、出版社に投稿。そのうちの一編が、後に累計一千万部の大ヒット作品『ナニワ金融道』の原型となった。巨額の富を手にするも、自らの信念に従い、頂点で漫画家を卒業。「いかに貧しき人々を裕福にするか」の研究を続けていたが、2003年肺ガンで逝去
★impress QuickBooks(http://qb.impress.jp/)は、気軽に電子書籍を楽しんでいただきたいという想いから生まれた電子専門レーベルです

  • シェア:

「金運上昇 銭道(インプレス)」最新刊

<本文より>
居直ればええやないか。幻想は全部間違いやった。俺はもう中流やない、下流や。開き直って、横並びの中流意識を捨てる。自分を下流だと思えば戦えるで。少なくても、社会が求める正しさから半身は抜け出せるはずや。そして好き勝手に生きる。正しい生き方など考えずに、ただ生きるんや。
まず、この均質社会で正しいとされる価値を疑うことや。いかがわしいと思ったら、そんなものは捨ててしまえばええんや。だいたい価値観なんか持つだけ損やで。持てば縛られてしまうからや。つまらん価値観は捨てて、できるだけ弱みを少なくするという考え方でいったほうが強く生きれるんや。それも早く捨てた者勝ちやぞ。今回の『銭道』では、その実践方法を伝授したいと思う次第であります。
<目次>
●銭に勝つ生き方をするんや
●借金したらこれまで以上に働かなあかんのや
●貧乏でなく「ビンボー」が流行っとるらしいで
●住宅ローンほど危なくてアホらしいもんないで!!
●賃貸にはこんなにもメリットがあるで!
●倒産など恐れるものやないで
●金は借りてもいかんが貸してもいかん
●タバコ銭で億万長者になれるかもしれんで
●社会的弱者こそ法律を勉強せなあかんで
※本書はビッグコミックブックス『銭道』(小学館)より選定し、青木プロダクションが再構成・修正したものです。
<著者>
青木 雄二(あおき ゆうじ)
1945年、京都生まれ。某工業高校の土木科を卒業。30種類以上の職を渡り歩きながら、暇を見つけては漫画を描き、出版社に投稿。後に累計一千万部の大ヒット作品『ナニワ金融道』の原型となった。巨額の富を手にするも、自らの信念に従い、頂点で漫画家を卒業。「いかに貧しき人々を裕福にするか」の研究を続けていたが、2003年肺ガンで逝去
★impress QuickBooks(http://qb.impress.jp/)は、気軽に電子書籍を楽しんでいただきたいという想いから生まれた電子専門レーベルです

「金運上昇 銭道(インプレス)」作品一覧

(3冊)

各438(税込)

まとめてカート

※本書はビッグコミックブックス『銭道』(小学館)より選定し、青木プロダクションが構成・修したものです。
<本文より>
僕はいつかこういった本の中で、青木流の銭に対する価値観・生き方を問うてみたい、自分なりの秘訣を惜しげもなく公開したいと思っていたのです。

『銭道』シリーズを通じて、僕の方からいくつか条件を出させてもらおうと思っております。この条件をクリアできない人は、金持ちになどなれません。
たとえば過去において、金儲けのベストセラー本を購入した事のある人、『金持ち○さん』とか『投資戦略○○○○』みたいな本を読んで、なるほどと思った人は、僕の塾には向いていないと思うのです。それはなぜか? あれらの本に書いてある事を効果的に実践できる人は、すでに最低でも三千万から五千万程度の資産を持っている人に限られるからなのです。

「アホか! 肝心の本業で金持ちに搾取されとるさかい、資産など作れんのやないか!」と、どつきたくなるような中身の本には、もうおさらばしませんか?
<目次>
●「神はいない」と誓えまっか?
●自分が労働者だと自覚してまっか?
●自分の収支キッチリ知ってまっか?
●職業に貴賤なしは大ウソや!
●学歴社会はもう妄想なんやで!!
●見栄なんか張ってたら浮かばれんのやで!
●国は金持ちしか助ける気はないんやで!!
●完全失業率って何か知ってまっか?
●政府は「庶民から銭を奪う」方針に切り換えておるのやで!!
<著者紹介>
青木 雄二(あおき ゆうじ)
1945年、京都生まれ。某工業高校の土木科を卒業。電鉄会社、公務員、パチンコ店員、ボーイなど30種類以上の職を渡り歩きながら、暇を見つけては漫画を描き、出版社に投稿。そのうちの一編が、後に累計一千万部の大ヒット作品『ナニワ金融道』の原型となった。巨額の富を手にするも、自らの信念に従い、頂点で漫画家を卒業。「いかに貧しき人々を裕福にするか」の研究を続けていたが、2003年肺ガンで逝去
★impress QuickBooks(http://qb.impress.jp/)は、気軽に電子書籍を楽しんでいただきたいという想いから生まれた電子専門レーベルです

※本書はビッグコミックブックス『銭道』(小学館)より選定し、青木プロダクションが構成・修したものです。
<本文より>
お金持ちになれる人というのは、そういった本の読者ではありません。それはお金という不思議な道具と、それを取り巻く資本主義社会の仕組みを熟知した人間なのです。この日本という国は、そういう知識を学校で一切教えてきませんでした。おそらく、これからも教える気はないと思います。
たとえばマンション。学校教育では、新築マンションを買う時のローンについて、何か教えてくれたでしょうか。たとえば就職。どの会社を選べばいいとか、どういう就職の仕方が有利だとか、起業の心がまえというものを、学校は教えてくれたでしょうか?

ならば、僕が教えるほかありません。ただし、僕の教えは外国人の投資相談みたいな話ではありません。投資しようにも明日の食事さえどうしたらいいかわからんという人たちの、ほんのちょっとばかり残っている闘争本能に火をつけたい。そう思っているのです。
<目次>
●就職は労働の強度を最優先させなさい!
●モノが一番価値を持つ時代や!
●年金制度など儲けは薄いで!!
●株であれ競馬であれ、ギャンブルはあかんで!!
●青木雄二的起業セミナー1:タネ銭いくら持っとるんや!
●青木雄二的起業セミナー2:儲けの出し方教えたる!
●青木雄二的起業セミナー3:商売の基本教えたる!
●青木雄二的起業セミナー4:成功の仕方教えたる
●青木雄二的起業セミナー5:これが最後の一手や!
<著者紹介>
青木 雄二(あおき ゆうじ)
1945年、京都生まれ。某工業高校の土木科を卒業。30種類以上の職を渡り歩きながら、暇を見つけては漫画を描き、出版社に投稿。後に累計一千万部の大ヒット作品『ナニワ金融道』の原型となった。巨額の富を手にするも、自らの信念に従い、頂点で漫画家を卒業。「いかに貧しき人々を裕福にするか」の研究を続けていたが、2003年肺ガンで逝去
★impress QuickBooks(http://qb.impress.jp/)は、気軽に電子書籍を楽しんでいただきたいという想いから生まれた電子専門レーベルです

<本文より>
居直ればええやないか。幻想は全部間違いやった。俺はもう中流やない、下流や。開き直って、横並びの中流意識を捨てる。自分を下流だと思えば戦えるで。少なくても、社会が求める正しさから半身は抜け出せるはずや。そして好き勝手に生きる。正しい生き方など考えずに、ただ生きるんや。
まず、この均質社会で正しいとされる価値を疑うことや。いかがわしいと思ったら、そんなものは捨ててしまえばええんや。だいたい価値観なんか持つだけ損やで。持てば縛られてしまうからや。つまらん価値観は捨てて、できるだけ弱みを少なくするという考え方でいったほうが強く生きれるんや。それも早く捨てた者勝ちやぞ。今回の『銭道』では、その実践方法を伝授したいと思う次第であります。
<目次>
●銭に勝つ生き方をするんや
●借金したらこれまで以上に働かなあかんのや
●貧乏でなく「ビンボー」が流行っとるらしいで
●住宅ローンほど危なくてアホらしいもんないで!!
●賃貸にはこんなにもメリットがあるで!
●倒産など恐れるものやないで
●金は借りてもいかんが貸してもいかん
●タバコ銭で億万長者になれるかもしれんで
●社会的弱者こそ法律を勉強せなあかんで
※本書はビッグコミックブックス『銭道』(小学館)より選定し、青木プロダクションが再構成・修正したものです。
<著者>
青木 雄二(あおき ゆうじ)
1945年、京都生まれ。某工業高校の土木科を卒業。30種類以上の職を渡り歩きながら、暇を見つけては漫画を描き、出版社に投稿。後に累計一千万部の大ヒット作品『ナニワ金融道』の原型となった。巨額の富を手にするも、自らの信念に従い、頂点で漫画家を卒業。「いかに貧しき人々を裕福にするか」の研究を続けていたが、2003年肺ガンで逝去
★impress QuickBooks(http://qb.impress.jp/)は、気軽に電子書籍を楽しんでいただきたいという想いから生まれた電子専門レーベルです

「金運上昇 銭道(インプレス)」の作品情報

レーベル
impress QuickBooks
出版社
インプレス
ジャンル
新書 お金
ページ数
67ページ (金運上昇 銭道 これさえ知ってたらドン底には落ちんで!!篇)
配信開始日
2014年9月30日 (金運上昇 銭道 これさえ知ってたらドン底には落ちんで!!篇)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。