電子書籍 沢村砂知子短編集(電書バト) 文芸・小説

著: 竹村広巴 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

沢村砂知子短編集 あらすじ・内容

オリジナル漫画の主人公は、私と砂知子だった。タイトルは直球で「りょう子おねえちゃんとさち子」だ。A4サイズの白紙に鉛筆でのフリーハンドの下描きをして、丁寧なペン入れを加えた数ページ一話完結型の漫画だ。今でも砂知子は自分の漫画を描き続けているけれど、もう私には読ませてくれない。いつからか砂知子が連載を持って単行本を出したら読んでいいという約束になった。私はその約束を破るつもりはない。その約束を守ることが砂知子の頑張り続ける糧となっていると知っているからだ。互いに成長するとともに環境も変えていき私たちは大人になろうとしている。

  • シェア:

「沢村砂知子短編集(電書バト)」最新刊

オリジナル漫画の主人公は、私と砂知子だった。タイトルは直球で「りょう子おねえちゃんとさち子」だ。A4サイズの白紙に鉛筆でのフリーハンドの下描きをして、丁寧なペン入れを加えた数ページ一話完結型の漫画だ。今でも砂知子は自分の漫画を描き続けているけれど、もう私には読ませてくれない。いつからか砂知子が連載を持って単行本を出したら読んでいいという約束になった。私はその約束を破るつもりはない。その約束を守ることが砂知子の頑張り続ける糧となっていると知っているからだ。互いに成長するとともに環境も変えていき私たちは大人になろうとしている。

「沢村砂知子短編集(電書バト)」の作品情報

レーベル
――
出版社
電書バト
ジャンル
文芸・小説 日本文学
ページ数
117ページ (沢村砂知子短編集)
配信開始日
2021年8月15日 (沢村砂知子短編集)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。