電子書籍 日米安保と沖縄基地論争 <犠牲のシステム>を問う(朝日新聞出版) 実用

著者: 高橋哲哉 

まずは、無料で試し読み

試し読み

29ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

日米安保と沖縄基地論争 <犠牲のシステム>を問う あらすじ・内容

依然として7割以上の米軍基地が集中する沖縄。国民の8割が日米安保に賛成するなか、人口1%に「犠牲」を押し付けるシステムは正当なのか。基地の「本土引き取り」を提唱する著者が、様々な論争からこの国の“差別政策”の所在を示す。

  • シェア:

「日米安保と沖縄基地論争 <犠牲のシステム>を問う(朝日新聞出版)」最新刊

依然として7割以上の米軍基地が集中する沖縄。国民の8割が日米安保に賛成するなか、人口1%に「犠牲」を押し付けるシステムは正当なのか。基地の「本土引き取り」を提唱する著者が、様々な論争からこの国の“差別政策”の所在を示す。

「日米安保と沖縄基地論争 <犠牲のシステム>を問う(朝日新聞出版)」の作品情報

レーベル
――
出版社
朝日新聞出版
ジャンル
実用 ノンフィクション
ページ数
273ページ (日米安保と沖縄基地論争 <犠牲のシステム>を問う)
配信開始日
2021年7月22日 (日米安保と沖縄基地論争 <犠牲のシステム>を問う)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。