電子書籍 海軍日記 最下級兵の記録(中公文庫) 実用

著: 野口冨士男 

まずは、無料で試し読み

試し読み

18ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

海軍日記 最下級兵の記録 あらすじ・内容

「戦争さえなければ軍隊に行くはずのなかった弱兵の多くが、粗食と重労働の中で殴られ、蹴られ、打ちたたかれたあげく病んで声もなく犬死にしていった。そういう有様を、私は声をおさえて忠実に書きとめたつもりである」(序文より)



一九四四年九月、三十三歳で横須賀海兵団に入団してから四五年八月に復員するまでの日記を、作家は上官の目を盗み、小さな手帳に書き付けた。それを基に自ら詳細な註釈と補遺を付し、当時の書簡を収録した、敗戦間近の海軍の貴重なドキュメント。初文庫化。〈解説〉平山周吉



【目次より

昭和十九年 (九月十四日~十二月二十九日)

応召、入団

一一〇分隊

一〇〇分隊(機関科教場)



昭和二十年 (一月一日~八月二十四日)

一等兵進級

横須賀海軍病院

湯河原分院

田浦山砲台

団内病室

保健分隊

敗戦、復員

  • シェア:

「海軍日記 最下級兵の記録(中公文庫)」最新刊

「戦争さえなければ軍隊に行くはずのなかった弱兵の多くが、粗食と重労働の中で殴られ、蹴られ、打ちたたかれたあげく病んで声もなく犬死にしていった。そういう有様を、私は声をおさえて忠実に書きとめたつもりである」(序文より)



一九四四年九月、三十三歳で横須賀海兵団に入団してから四五年八月に復員するまでの日記を、作家は上官の目を盗み、小さな手帳に書き付けた。それを基に自ら詳細な註釈と補遺を付し、当時の書簡を収録した、敗戦間近の海軍の貴重なドキュメント。初文庫化。〈解説〉平山周吉



【目次より

昭和十九年 (九月十四日~十二月二十九日)

応召、入団

一一〇分隊

一〇〇分隊(機関科教場)



昭和二十年 (一月一日~八月二十四日)

一等兵進級

横須賀海軍病院

湯河原分院

田浦山砲台

団内病室

保健分隊

敗戦、復員

「海軍日記 最下級兵の記録(中公文庫)」の作品情報

レーベル
中公文庫
出版社
中央公論新社
ジャンル
実用 日本文学 ノンフィクション
ページ数
355ページ (海軍日記 最下級兵の記録)
配信開始日
2021年7月30日 (海軍日記 最下級兵の記録)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。