電子書籍 亡国の鉤十字(ハーケンクロイツ)(竹書房文庫) 文芸・小説

まずは、無料で試し読み

試し読み

16ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

亡国の鉤十字(ハーケンクロイツ) 上 あらすじ・内容

ロマノフ王朝の最後の秘宝が
アドルフ・ヒトラーを終わらせる

一九四一年十二月、ヒトラーとムッソリーニ--ふたりの独裁者を狙った暗殺計画が発動。その混乱に乗じて、トリスタンはヒトラーが肌身離さず身に着けていた古代アーリア人の秘宝<スワスティカ>の奪取に成功。ヴェネツィアの【潟@ルビ:ラグーナ】に沈めた。ヨーロッパに地獄絵図を描く男が、その加護を失う日がついに訪れたのだ。
だが、一つ目のスワスティカはいまだドイツにある。ヨーロッパ大陸も依然としてナチスの制圧下に置かれままだ。何千何万というユダヤ人の血が流れ、ナチス・ドイツによる野蛮なユダヤ人絶滅政策は人類史上類を見ない悪魔の所業と化している。二つ目のスワスティカの力を得たイギリスが侵略の危機を脱した一方で、ソ連は@ドイツ国防軍【ヴェアマハト】から猛攻を受け、劣勢に立たされていた。
四つ目のスワスティカが戦局の行方を決めることは明らかだ。その行方を追うトリスタンはパリの市街地地下に蜘蛛の巣を張り巡らすように広がる採石場で、手がかりを【掴@正字】む。第四の秘宝はかつてロシアに君臨した【皇帝@ルビ:ツァーリ】に代々受け継がれていた。だが、ロマノフ王朝最後の皇帝ニコライ二世が国外に隠し場所を移したため、帝政ロシアは崩壊し、スワスティカの行方も失われてしまっていた……。
古代アーリア人の叡智が秘められし四つのスワスティカをかけて、第二次世界大戦の舞台裏で繰り広げられる聖遺物争奪戦はいよいよ最終局面を迎える。
世界大戦の命運を握るロマノフ王朝最後の秘宝――、その存在を巡り英独米の争奪戦が始まる!!

  • シェア:

「亡国の鉤十字(ハーケンクロイツ)(竹書房文庫)」最新刊

解き放たれた秘密兵器<ロキの警笛>

十七世紀初頭のロシアは動乱期にあり、ツァーリも不在であった。東方民族の侵略が絶え間なく続き、国中に貧困と【飢@正字】餓と混乱が蔓延していた。そんなとき、コストロマの修道院に隠棲していた青年がツァーリに選出される。彼の名はミハイル・ロマノフ。異教の礼拝堂で手にした奇妙な十字架<スワスティカ>の導きを得て、ロマノフ王朝の創始者となったのだ。彼の王朝はおよそ三世紀にわたりロシアに君臨したものの、一九一七年、革命によって崩壊した。その混乱を避けるため、スワスティカは時の皇帝ニコライ二世によって国外に移管される。
トリスタンは失われたロマノフ王朝最後の秘宝がイギリスへに転出していた事実を【掴@正字】む。そして、ドイツ国防軍諜報機関の協力を得て別人になりすますと、ただちに渡英。半壊した大英博物館に眠るスワスティカの奪取に成功する。だが、それを手にした瞬間、名状しがたい遺物の魔力に囚われ、意識を失ってしまう。
二つ目のスワスティカはアメリカに渡り、三つ目は海底に眠る。世界の混沌を終わらせるためにも、 四つ目がナチス側に渡ることだけは絶対に避けなければならない。しかし、運命の女神がヒトラーに微笑んだかのように、スワスティカは親衛隊全国指導者であるヒムラーの手に――。そして今、最強の力を得たヒムラーがヨーロッパ戦線に勝利すべく、秘密基地<ヴァルハラ>の扉を開く!!

<四つの秘宝>の最後のひとつを手にし、聖遺物争奪戦の勝者となるのは誰か!? メタ戦記ミステリシリーズ、遂に完結。

「亡国の鉤十字(ハーケンクロイツ)(竹書房文庫)」作品一覧

(2冊)

各1,210(税込)

まとめてカート

ロマノフ王朝の最後の秘宝が
アドルフ・ヒトラーを終わらせる

一九四一年十二月、ヒトラーとムッソリーニ--ふたりの独裁者を狙った暗殺計画が発動。その混乱に乗じて、トリスタンはヒトラーが肌身離さず身に着けていた古代アーリア人の秘宝<スワスティカ>の奪取に成功。ヴェネツィアの【潟@ルビ:ラグーナ】に沈めた。ヨーロッパに地獄絵図を描く男が、その加護を失う日がついに訪れたのだ。
だが、一つ目のスワスティカはいまだドイツにある。ヨーロッパ大陸も依然としてナチスの制圧下に置かれままだ。何千何万というユダヤ人の血が流れ、ナチス・ドイツによる野蛮なユダヤ人絶滅政策は人類史上類を見ない悪魔の所業と化している。二つ目のスワスティカの力を得たイギリスが侵略の危機を脱した一方で、ソ連は@ドイツ国防軍【ヴェアマハト】から猛攻を受け、劣勢に立たされていた。
四つ目のスワスティカが戦局の行方を決めることは明らかだ。その行方を追うトリスタンはパリの市街地地下に蜘蛛の巣を張り巡らすように広がる採石場で、手がかりを【掴@正字】む。第四の秘宝はかつてロシアに君臨した【皇帝@ルビ:ツァーリ】に代々受け継がれていた。だが、ロマノフ王朝最後の皇帝ニコライ二世が国外に隠し場所を移したため、帝政ロシアは崩壊し、スワスティカの行方も失われてしまっていた……。
古代アーリア人の叡智が秘められし四つのスワスティカをかけて、第二次世界大戦の舞台裏で繰り広げられる聖遺物争奪戦はいよいよ最終局面を迎える。
世界大戦の命運を握るロマノフ王朝最後の秘宝――、その存在を巡り英独米の争奪戦が始まる!!

解き放たれた秘密兵器<ロキの警笛>

十七世紀初頭のロシアは動乱期にあり、ツァーリも不在であった。東方民族の侵略が絶え間なく続き、国中に貧困と【飢@正字】餓と混乱が蔓延していた。そんなとき、コストロマの修道院に隠棲していた青年がツァーリに選出される。彼の名はミハイル・ロマノフ。異教の礼拝堂で手にした奇妙な十字架<スワスティカ>の導きを得て、ロマノフ王朝の創始者となったのだ。彼の王朝はおよそ三世紀にわたりロシアに君臨したものの、一九一七年、革命によって崩壊した。その混乱を避けるため、スワスティカは時の皇帝ニコライ二世によって国外に移管される。
トリスタンは失われたロマノフ王朝最後の秘宝がイギリスへに転出していた事実を【掴@正字】む。そして、ドイツ国防軍諜報機関の協力を得て別人になりすますと、ただちに渡英。半壊した大英博物館に眠るスワスティカの奪取に成功する。だが、それを手にした瞬間、名状しがたい遺物の魔力に囚われ、意識を失ってしまう。
二つ目のスワスティカはアメリカに渡り、三つ目は海底に眠る。世界の混沌を終わらせるためにも、 四つ目がナチス側に渡ることだけは絶対に避けなければならない。しかし、運命の女神がヒトラーに微笑んだかのように、スワスティカは親衛隊全国指導者であるヒムラーの手に――。そして今、最強の力を得たヒムラーがヨーロッパ戦線に勝利すべく、秘密基地<ヴァルハラ>の扉を開く!!

<四つの秘宝>の最後のひとつを手にし、聖遺物争奪戦の勝者となるのは誰か!? メタ戦記ミステリシリーズ、遂に完結。

「亡国の鉤十字(ハーケンクロイツ)(竹書房文庫)」の作品情報

レーベル
竹書房文庫
出版社
竹書房
ジャンル
文芸・小説 海外文学
ページ数
275ページ (亡国の鉤十字(ハーケンクロイツ) 上)
配信開始日
2021年8月5日 (亡国の鉤十字(ハーケンクロイツ) 上)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。