電子書籍 GHQ焚書図書開封(徳間書店) 実用

著者: 西尾幹二 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

GHQ焚書図書開封5 ハワイ、満洲、支那の排日 あらすじ・内容

大好評シリーズ、待望の電子化再開!

昭和23年に戦前・戦中に刊行された書籍のうち実に7000冊以上がGHQの命令で焚書された。
その封印された書籍を紹介し、日本人はなにを考え、戦争へと向かっていったのか、その根本にある戦前の思考を探る好評シリーズ第5弾。
今回は、関心の高い満州、支那、そして知られていないハワイの戦前・戦中について触れた焚書を紹介し、考察する。
当時の写真資料も多く、資料的価値も高い。

GHQ焚書図書開封5 目次
第1章 米国のハワイ侵略第一幕
第2章 立ち尽くす日本、踏みにじる米国
第3章 ハワイ併合に対する日本の抗識
第4章 アメリカのハワイ・フィリピン侵略と満州への野望
第5章 長与善郎「少年満州読本」を読む(1)
第6章 長与善郎「少年満州読本」を読む(2)
第7章 長与善郎「少年満州読本」を読む(3)
第8章 仲小路彰の戦争哲学
第9章 長野朗「日本と支那の諸問題」

  • シェア:

「GHQ焚書図書開封(徳間書店)」最新刊

大好評シリーズ、待望の電子化再開!

戦前・戦中に刊行された書籍の実に7000冊以上が、戦後GHQの命令で焚書された。
その封印された書籍を紹介し、日本人はなにを考え、戦争へと向かっていったのか、
その根本にある戦前の思考を探る。

GHQ焚書によって戦後の歴史観だけでなく、日本人の認識(常識)まで歪められている!
戦前の日本人に息づいていた道徳観、価値観を描いている山中峯太郎の『日本的人間』、眞山青果の名著『乃木将軍』(焚書)と司馬遼太郎『殉死』徹底批判、
さらに昭和を代表する知性・和辻哲郎の唯一のGHQ焚書『日本の臣道』、ホッブス、ベーコンからアメリカの国民性を鋭く見抜いた「アメリカの國民性」を取り上げる!
著者渾身のシリーズ第12弾。

「GHQ焚書図書開封(徳間書店)」作品一覧

(8冊)

各990(税込)

まとめてカート

大好評シリーズ、待望の電子化再開!

昭和23年に戦前・戦中に刊行された書籍のうち実に7000冊以上がGHQの命令で焚書された。
その封印された書籍を紹介し、日本人はなにを考え、戦争へと向かっていったのか、その根本にある戦前の思考を探る好評シリーズ第5弾。
今回は、関心の高い満州、支那、そして知られていないハワイの戦前・戦中について触れた焚書を紹介し、考察する。
当時の写真資料も多く、資料的価値も高い。

GHQ焚書図書開封5 目次
第1章 米国のハワイ侵略第一幕
第2章 立ち尽くす日本、踏みにじる米国
第3章 ハワイ併合に対する日本の抗識
第4章 アメリカのハワイ・フィリピン侵略と満州への野望
第5章 長与善郎「少年満州読本」を読む(1)
第6章 長与善郎「少年満州読本」を読む(2)
第7章 長与善郎「少年満州読本」を読む(3)
第8章 仲小路彰の戦争哲学
第9章 長野朗「日本と支那の諸問題」

大好評シリーズ、待望の電子化再開!

戦前・戦中に刊行された書籍の実に7000冊以上が、戦後GHQの命令で焚書された。
その貴重な歴史的史料を紐解き、戦後の歴史観から消しさられた、
戦前の日本人の認識(常識)をを明らかにする好評シリーズ第6弾。

当時の日本人は日米戦争が現実に起こるとは誰も思っていなかった。
それが、なぜ・・・。
本書は、GHQにより没収・封印された『日米戦う可きか』『アメリカの実力』『英米包囲陣と日本の進路』『大東亜戦争の発火点』(昭和8~17年刊)他から、
ジャーナリストや駐米大使などがアメリカの実力をどのように見ていたか、
当時の国際情勢の中の日本の立場をどのように判断していたか、を浮き彫りにする。(解説・渡辺惣樹)

大好評シリーズ、待望の電子化再開!

戦前・戦中に刊行された書籍の実に7000冊以上が、戦後GHQの命令で焚書された。
その封印された書籍を紹介し、日本人はなにを考え、戦争へと向かっていったのか、
その根本にある戦前の思考を探る好評シリーズ第7弾。
陸軍士官学校出身で、辛亥革命後に中国に派遣され、現地で中国国民革命を体験。
その後、軍を辞めてまで中国研究に取り組んだ戦前のチャイナ・ウオッチャーであった長野朗の著作『支那三十年』『民族線』を中心に読み解いていく。
中華民国誕生から混乱へと突入する中国大陸の発展と民族性、中国社会や支那人の特質など、
卓抜な観察眼で現代にも通じる支那論を紹介、西尾氏が考察する。

(内容)
・歴史を動かしたのは「民族」ではないか
・支那軍閥の徴税・徴兵・略奪
・支那政治の裏を描く本当の歴史
・移住と同化・・支那人の侵略の仕方
・満州事変前の漢民族の満州侵略
・いかに満人は消去され、蒙古人は放逐され、朝鮮人は搾取されたか
・支那事変
・大正年間支那・・民衆の生活様々
・今日の反日の原点を見る
ほか

「GHQ焚書図書開封(徳間書店)」の作品情報

レーベル
――
出版社
徳間書店
ジャンル
実用 学問
ページ数
423ページ (GHQ焚書図書開封5 ハワイ、満洲、支那の排日)
配信開始日
2021年8月15日 (GHQ焚書図書開封5 ハワイ、満洲、支那の排日)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。