電子書籍 ローマの恋の哀愁(学術研究出版) 文芸・小説

著: 古川知明 

まずは、無料で試し読み

試し読み

23ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ローマの恋の哀愁 あらすじ・内容

イタリアに旅行した人も行きたいと思う人も必読の書である。
イタリアの旅行しながら恋愛について考える書でもある。
結婚とはそもそも理想があって、それを追求してゆくのか、それとも運命の出会いともいわれるように、偶然に出会ったときの“ときめき” “ひらめき”または“インスピレーション”か。

イタリアへの旅行中に二人が偶然に出会う。
日本に帰ってからも会うことを約束するが、一向に愛が深まってゆかない。むしろ離れてゆく。
女性にはある理想像があるのだ。それは実像か虚像かは最後まで分からない。
女性の実像がぼやけてきた時には、男の心は離れている。女性はそれを必死に引き戻そうとするが、あとのまつりである。
最後には「どんでん返し」が待っているが、それは読んでの楽しみ。
この最後の「どんでん返し」については脚色をしているけれど、著者が小学校の時に、田舎であった本当の話である。

インターネットでは相変わらず、理想と現実との狭間で男女の相剋が繰り返されている。
著者は愛などというものは初めからはない、育てていくものだと思うが、どうだろうか。
各読者に聞いてみたい。

  • シェア:

「ローマの恋の哀愁(学術研究出版)」最新刊

イタリアに旅行した人も行きたいと思う人も必読の書である。
イタリアの旅行しながら恋愛について考える書でもある。
結婚とはそもそも理想があって、それを追求してゆくのか、それとも運命の出会いともいわれるように、偶然に出会ったときの“ときめき” “ひらめき”または“インスピレーション”か。

イタリアへの旅行中に二人が偶然に出会う。
日本に帰ってからも会うことを約束するが、一向に愛が深まってゆかない。むしろ離れてゆく。
女性にはある理想像があるのだ。それは実像か虚像かは最後まで分からない。
女性の実像がぼやけてきた時には、男の心は離れている。女性はそれを必死に引き戻そうとするが、あとのまつりである。
最後には「どんでん返し」が待っているが、それは読んでの楽しみ。
この最後の「どんでん返し」については脚色をしているけれど、著者が小学校の時に、田舎であった本当の話である。

インターネットでは相変わらず、理想と現実との狭間で男女の相剋が繰り返されている。
著者は愛などというものは初めからはない、育てていくものだと思うが、どうだろうか。
各読者に聞いてみたい。

「ローマの恋の哀愁(学術研究出版)」の作品情報

レーベル
――
出版社
学術研究出版
ジャンル
文芸・小説 恋愛
ページ数
112ページ (ローマの恋の哀愁)
配信開始日
2021年8月20日 (ローマの恋の哀愁)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。