電子書籍 新・木戸番影始末(光文社文庫) 文芸・小説

著: 喜安幸夫 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

潮騒の町~新・木戸番影始末(一)~ あらすじ・内容

己の過去を暴かれるのを恐れ、住み慣れた両国を出た杢之助。能力を見込まれ、高輪大木戸近く、泉岳寺門前町の木戸番小屋に入ることに。木戸番人がひと月不在だった町内では、浪打の仙左という代貸が、与太どもを使って騒ぎを起こしていた。仙左はさらに、田町の薩州蔵屋敷に関わりのある何かを隠しているようで――。還暦近くの杢之助が町を守る。新シリーズ始動!

  • シェア:

「新・木戸番影始末(光文社文庫)」最新刊

泉岳寺門前の杢之助の番小屋に、隣町・車町のとあるおかみさんの家を怪しい男がしつこく訪れているとの話が入る。そこに現れたのは、思いがけず、杢之助の盗賊時代の過去を知る男だった……。新たな盗賊団に狙われる門前町と、それを救おうとする杢之助。シリーズ最大のピンチを、果たして乗り切れるのか?

「新・木戸番影始末(光文社文庫)」作品一覧

(9冊)

各715(税込)

まとめてカート

己の過去を暴かれるのを恐れ、住み慣れた両国を出た杢之助。能力を見込まれ、高輪大木戸近く、泉岳寺門前町の木戸番小屋に入ることに。木戸番人がひと月不在だった町内では、浪打の仙左という代貸が、与太どもを使って騒ぎを起こしていた。仙左はさらに、田町の薩州蔵屋敷に関わりのある何かを隠しているようで――。還暦近くの杢之助が町を守る。新シリーズ始動!

泉岳寺門前町の木戸番・杢之助は、町内の旅籠・播磨屋の娘と縁談のある黒鍬組の武家・斎藤重郎次の行状を探ることに。そんな中、近隣の町で、女を狙う殺しが続けて起こる。縁談との関わりを予感した杢之助は、斎藤の住まう魚籃坂の武家地へ潜入。探し当てた思いがけぬ悪に、杢之助が下す鉄槌の行方は。己の過去を隠しつつ、町を守る杢之助の傑作シリーズ最新刊。

泉岳寺門前町の木戸番杢之助を、古着を商う参左という男が訪う。ながれ大工の仙蔵から、内藤新宿で駆け落ちの男女の亡骸が見つかったこと、この殺しには古着商いが関わっていることを聞いた杢之助は、参左のことが気になる。古着商いを追い、門前町に杢之助を知る両国の岡っ引まで現れ、一触即発! 謎の参左の正体と、思いがけぬ結末とは。好評シリーズ第三弾。

「新・木戸番影始末(光文社文庫)」の作品情報

レーベル
光文社文庫
出版社
光文社
ジャンル
文芸・小説 歴史 時代小説
ページ数
272ページ (潮騒の町~新・木戸番影始末(一)~)
配信開始日
2021年8月27日 (潮騒の町~新・木戸番影始末(一)~)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。