電子書籍 GL 日本人のためのグローバル・リーダーシップ入門(PHP電子) 実用

著: コーン・フェリー 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

GL 日本人のためのグローバル・リーダーシップ入門 第1回 あらすじ・内容

「グローバル・リーダーなら身につけておくべき考え方」や、「海外で起きている変化、その対処」を12回に渡り分かりやすく解説する企画の第1回。

「日本で実績をあげてきたエース級の人材が、海外赴任やグローバル・ビジネスの現場では期待された成果を達成できない」「現地の人材とコミュニケートしたり、リーダーをどう育て、どう権限移譲したりするかに苦心する」「結果的に、組織全体としてグローバルな競争において遅れを取ってしまう」。最近、日本企業からよく聞かれる相談内容だという。その相談に対し、「実は、リーダーが結果を出せないのは、言葉の問題や文化の違いに習熟していないことよりも、グローバル・リーダーとして必要な“リーダーシップ教育”を受けていないことに原因がある」と、世界最高峰のリーダーシップ・コンサルティング企業コーン・フェリーが回答している。本企画では、日本人ビジネスパーソン(特に部長クラス以上)が、世界で活躍できるようになるための、「グローバル・リーダーなら世界中の誰もが身につけておくべき基本的な考え方」や、「海外で起きている変化、それに対する対処の仕方(顧客と接する中で得た知見、リーダー育成現場のトレンド)」を、12回に渡り分かりやすく解説する。第1回は、日本人と日本企業の現状を紹介しつつ、「日本人がグローバル・リーダーとなるための最も基本的考え方」の概要を「コンピテンシー」というキーワードで紹介している。

  • シェア:

「GL 日本人のためのグローバル・リーダーシップ入門(PHP電子)」最新刊

危機的状況でリーダーの本質が現れるといいます。混沌として曖昧な状況を表すVUCA(ブーカ)な世界といわれる現代、物事が複雑なため問題点は見つけづらく、何から着手すべきなのかも戸惑うばかり。それでも、例えば大地震などの天変地異、あるいはビジネスで直面する不測の事態に対処するには、今まで誰も経験したことのないレベルの判断が求められるでしょう。しかもかつての成功法則がもはや通用しないという現実を突きつけられることも……。そこで重要なのが、複雑な問題を整理し、効果的に問題解決する、「複雑な状況への対処」を成功させるためのコンピテンシー。連載の10回目は、それを身につけるための重要ポイントを3つ提示。1. 現状を分析し根本原因を究明、2. 衆知を活用して情報収集、3. 解決策を複数出し、オプションを比較して短時間で決断。具体的な最新事例をまじえ、グローバルリーダーとしてすぐに役立つ心得および勘どころを解説。

「GL 日本人のためのグローバル・リーダーシップ入門(PHP電子)」作品一覧

(10冊)

各200(税込)

まとめてカート

「日本で実績をあげてきたエース級の人材が、海外赴任やグローバル・ビジネスの現場では期待された成果を達成できない」「現地の人材とコミュニケートしたり、リーダーをどう育て、どう権限移譲したりするかに苦心する」「結果的に、組織全体としてグローバルな競争において遅れを取ってしまう」。最近、日本企業からよく聞かれる相談内容だという。その相談に対し、「実は、リーダーが結果を出せないのは、言葉の問題や文化の違いに習熟していないことよりも、グローバル・リーダーとして必要な“リーダーシップ教育”を受けていないことに原因がある」と、世界最高峰のリーダーシップ・コンサルティング企業コーン・フェリーが回答している。本企画では、日本人ビジネスパーソン(特に部長クラス以上)が、世界で活躍できるようになるための、「グローバル・リーダーなら世界中の誰もが身につけておくべき基本的な考え方」や、「海外で起きている変化、それに対する対処の仕方(顧客と接する中で得た知見、リーダー育成現場のトレンド)」を、12回に渡り分かりやすく解説する。第1回は、日本人と日本企業の現状を紹介しつつ、「日本人がグローバル・リーダーとなるための最も基本的考え方」の概要を「コンピテンシー」というキーワードで紹介している。

本作の編著者であり、世界最高峰のリーダーシップ・コンサルティング企業コーン・フェリーの調査によれば、あらゆる世界の地域において、リーダーの高いパフォーマンスと最も強固な相関関係がある行動特性が「アカウンタビリティ(Ensures Accountability/責務の遂行)」です。本コンテンツでは、リーダーにとってのアカウンタビリティの重要性を説きつつ、アメリカや欧米と日本とのアカウンタビリティの捉えられ方の違いや、グローバルビジネスの現場を発揮する方法を示す。いかにして責任を示すかを理解し、世界基準のビジネスパーソンを目指す第2回。

リチャード・ブランソンと小倉昌男に共通する力とは――? リーダーシップ・コンサルティング企業であるコーンフェリーが対世界のビジネスに必要な知識を12回に渡り解説する企画の第3回。今回のテーマは「学習のスピード:成功や失敗から積極的に学ぶ力」。優秀なリーダー達は、何を、どう学んできたのか。本来学習が得意な日本人は、どう学んでいくべきか。「ラーニング・アジリティ(学習の機敏性)」の解説も折り込み、優れたリーダーに求められる「何をすべきか分からない時に、何をすべきかを知っていること(Knowing what to do, when you don't know what to do.)」を体現できる人材を目指す。

「GL 日本人のためのグローバル・リーダーシップ入門(PHP電子)」の作品情報

レーベル
PHP電子
出版社
PHP研究所
ジャンル
実用
ページ数
30ページ (GL 日本人のためのグローバル・リーダーシップ入門 第1回)
配信開始日
2015年6月26日 (GL 日本人のためのグローバル・リーダーシップ入門 第1回)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。