電子書籍 白湯(幻冬舎メディアコンサルティング) 文芸・小説

著: 筆沢鷹矢 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

白湯 あらすじ・内容

私はただ、プレーンなアイスコーヒーが欲しかったのです。

夏の思い出になるはずが傷心旅行に変わってしまった、行きの飛行機内で起きた異臭騒ぎ。
原因を疑われた私はファーストクラスへ移され、どこか既視感を覚える女性と出会う。
「身から出た粒」他、「大人の自浄」「母ボルト父ミリアンペア」収録。
ちょっと理屈っぽいけれど憎めない。読むほどに後を引く短編集。

<著者紹介>
筆沢鷹矢(ふでさわ たかや)
1976年、大阪府生まれ。帝塚山学院泉ヶ丘高校卒業後、早稲田大学第一文学部ロシア文学科を卒業。主にトルストイと小林秀雄を研究。創作活動は高校時代から始める。大学卒業と同時に起業し、執筆活動の傍ら何社かの取締役を経て現在、ソフトウェア開発を営む(株)とろたく代表。海外ゲームの翻訳会社(株)ニルヴァーナ・スタジオの代表でもある。著書に『ハンマー』(2019年、幻冬舎メディアコンサルティング)がある。

  • シェア:

「白湯(幻冬舎メディアコンサルティング)」最新刊

私はただ、プレーンなアイスコーヒーが欲しかったのです。

夏の思い出になるはずが傷心旅行に変わってしまった、行きの飛行機内で起きた異臭騒ぎ。
原因を疑われた私はファーストクラスへ移され、どこか既視感を覚える女性と出会う。
「身から出た粒」他、「大人の自浄」「母ボルト父ミリアンペア」収録。
ちょっと理屈っぽいけれど憎めない。読むほどに後を引く短編集。

<著者紹介>
筆沢鷹矢(ふでさわ たかや)
1976年、大阪府生まれ。帝塚山学院泉ヶ丘高校卒業後、早稲田大学第一文学部ロシア文学科を卒業。主にトルストイと小林秀雄を研究。創作活動は高校時代から始める。大学卒業と同時に起業し、執筆活動の傍ら何社かの取締役を経て現在、ソフトウェア開発を営む(株)とろたく代表。海外ゲームの翻訳会社(株)ニルヴァーナ・スタジオの代表でもある。著書に『ハンマー』(2019年、幻冬舎メディアコンサルティング)がある。

「白湯(幻冬舎メディアコンサルティング)」の作品情報

レーベル
――
出版社
幻冬舎メディアコンサルティング
ジャンル
文芸・小説 SF
ページ数
88ページ (白湯)
配信開始日
2021年8月31日 (白湯)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。