拾った神待ちJKとご奉仕ナカイキSEX「先生、挿入れたら…何日泊めてくれますか?」 (1)

完結 

拾った神待ちJKとご奉仕ナカイキSEX「先生、挿入れたら…何日泊めてくれますか?」(快感ドラッグ)

作品紹介

「先生…神待ちのお礼…ココに挿入れてください…」――――ある夜の公園…若手教師・三波は度重なる残業に、酒を飲んで荒れていた。酔いを醒まそうとベンチで休んでいると、見覚えのない女生徒が歩いてきて、「先生、神待ちって…ナニをしたらいいんですか?」無邪気に聞いてくる生徒に三波は、「教えてやるから俺の家に来いよ」と家に連れ込む。「蒔島藍香」そう名乗る少女の服を脱がせながら、学生とは思えない豊満な胸を揉みしだく。初めての快楽に全身を震わせながらマ〇コを濡らす藍香に、三波は固くなったチ〇コをゆっくりと差し入れていく。「先生、私…初めてなのに…気持ちいいんです…」乳首を勃たせ濡れた瞳で三波に抱きつく藍香は… (C)高崎たけまる/快感ドラッグ2022

レーベル
快感ドラッグ
出版社
.ink works

この作品をシェアする

作品詳細を見る
  • 話読み
  • 単行本

全4話

  • 1話
  • 最新話
  1. 拾った神待ちJKとご奉仕ナカイキSEX「先生、挿入れたら…何日泊めてくれますか?」 (1)

    (1)

    販売して
    おりません
  2. 拾った神待ちJKとご奉仕ナカイキSEX「先生、挿入れたら…何日泊めてくれますか?」 (2)

    (2)

    販売して
    おりません
  3. 拾った神待ちJKとご奉仕ナカイキSEX「先生、挿入れたら…何日泊めてくれますか?」 (3)

    (3)

    販売して
    おりません
  4. 拾った神待ちJKとご奉仕ナカイキSEX「先生、挿入れたら…何日泊めてくれますか?」 (4)

    (4)

    販売して
    おりません
  1. 話・連載トップ
  2. 拾った神待ちJKとご奉仕ナカイキSEX「先生、挿入れたら…何日泊めてくれますか?」(快感ドラッグ)