電子書籍 夏の前日 マンガ

完結
著: 吉田基已 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

31ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

夏の前日(1) あらすじ・内容

甘く切なく擬(もど)かしい、ふたりの長い夏の前日。――日吉ヶ丘(ひよしがおか)芸術大学4年生・青木哲生(あおき・てつお)。月下(げっか)画廊店長で、和服が似合う大人の女性・藍沢晶(あいざわ・あきら)。突き動かされるように体を繋げた一夜から、激しくも拙い恋愛が始まる――。

この作品を共有

「夏の前日」最新刊

華海(はなみ)は簡単に涙をながし、「哲生(てつお)君が彼氏だったらよかった」と哲生に言った。 晶(あきら)は決して泣くことはなく、「じゃあ、またね」いつもそう言って、哲生を見送った。 孤独に満ちた哲生を愛した晶と、そのやさしさに応えたかった哲生。それは永遠の片思いのような恋――。ふたりの長い夏の前日、終幕――。

「夏の前日」作品一覧

(5冊)

各600円 (+税)

まとめてカート

甘く切なく擬(もど)かしい、ふたりの長い夏の前日。――日吉ヶ丘(ひよしがおか)芸術大学4年生・青木哲生(あおき・てつお)。月下(げっか)画廊店長で、和服が似合う大人の女性・藍沢晶(あいざわ・あきら)。突き動かされるように体を繋げた一夜から、激しくも拙い恋愛が始まる――。

ふたりだけの空間、ふたりだけの時間。自由だが自由に描けない美大生・青木哲生(あおき・てつお)。本気だが本気にさせない和服の美女・藍沢晶(あいざわ・あきら)。言葉も、身体も、心も、すべてが心地いい二人の関係。そんなふたりに気になる女性が現れた――。

絵を描こうと思う。いや、絵が描きたい。――自分が何をしたいのか分からなくなり、画が描けなくなっていた美大生・青木哲生(あおき・てつお)。美大予備校の講師バイトをしたことで、夢中で絵を描く学生にふれ、再び絵に向かう。ヒントは「はなみ」。彼女を見ていると、良い絵が描けそうな気がする――。

「夏の前日」のおすすめコメント

夏の前日(1) 販売担当(講談社) 登録日:2015/01/01

夏の前日

しがない美大生・哲生のまえに現れた画廊店長の晶(メッチャ美人!!)。年上の晶が醸しだす色気に、気がつけば哲生は、煙にまかれるように衝撃的な一夜を過ごしてしまう。ああ、僕の目のまえにも晶のような年上のお姉さんが突如現れてくれないだろうか。そして手のひらの上で転がしてくれないだろうか。そんなことを夢見ながら今日もYAはせっせと働いているわけですが、哲生と晶の“甘く、切なく、もどかしい”恋の行方に、ついつい仕事を忘れて『夏の前日』を読みふけってしまうのでした……。

「夏の前日」の作品情報

レーベル
good!アフタヌーン
出版社
講談社
ジャンル
マンガ 男性向け 完結 青年マンガ 女性向け 女性マンガ 恋愛 good!アフタヌーン
ページ数
188ページ (夏の前日(1))
配信開始日
2013年3月1日 (夏の前日(1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad