電子書籍 ビブリア古書堂の事件手帖(メディアワークス文庫) 文芸・小説

限定特典あり

まずは、無料で試し読み

試し読み

55ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~ あらすじ・内容

その美しい女性は優れた古書の知識で、謎と秘密を解き明かす

鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋 「ビブリア古書堂」。そこの店主は古本屋のイメージに合わない、若くきれいな女性だ。だが、初対面の人間とは口もきけない人見知り。接客業を営む者として心配になる女性だった。だが、古書の知識は並大抵ではない。人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、いわくつきの古書が持ち込まれることも。彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見てきたかのように解き明かしていく。これは栞子と奇妙な客人が織りなす、“古書と秘密”の物語である。

  • シェア:

「ビブリア古書堂の事件手帖(メディアワークス文庫)」作品一覧

(7冊)

583〜715(税込)

まとめてカート

珍しい古書に関係する、特別な相談 ── 謎めいた依頼に、ビブリア古書堂の二人は鎌倉の雪ノ下へ向かう。その古い家には驚くべきものが待っていた。 稀代の探偵、推理小説作家江戸川乱歩の膨大なコレクション。それを譲る代わりに、ある人物が残した精巧な金庫を開けてほしいと持ち主は言う。 金庫の謎には乱歩作品を取り巻く人々の数奇な人生が絡んでいた。そして、迷宮のように深まる謎はあの人物までも引き寄せる。美しき女店主とその母、謎解きは二人の知恵比べの様相を呈してくるのだが ──。

静かにあたためてきた想い。無骨な青年店員の告白は美しき女店主との関係に波紋を投じる。物思いに耽ることが増えた彼女はついにこう言うのであった。必ず答えは出す、ただ今は待ってほしいと。 ぎこちない二人を結びつけたのは、またしても古書だった。いわくつきのそれらに秘められていたのは、過去と今、人と人、思わぬ繋がり。 脆いようで強固な人の想いに触れ、二人の気持ちは次第に近づいているように見えた。だが、それを試すかのように、彼女の母が現れる。この邂逅は必然か? 彼女は母を待っていたのか? すべての答えが出る時が迫っていた。

太宰治の『晩年』を奪うため、美しき女店主に危害を加えた青年。ビブリア古書堂の二人の前に、彼が再び現れる。今度は依頼者として。 違う『晩年』を捜しているという奇妙な依頼。署名ではないのに、太宰自筆と分かる珍しい書きこみがあるらしい。 本を追ううちに、二人は驚くべき事実に辿り着く。四十七年前にあった太宰の稀覯本を巡る盗難事件。それには二人の祖父母が関わっていたのだ。 過去と現在、まるで再現されるかのような奇妙な巡り合わせに、薄気味悪さを感じる二人。それは偶然か必然か? 深い謎の先にある真実とは?

「ビブリア古書堂の事件手帖(メディアワークス文庫)」のおすすめコメント

ビブリア古書堂の事件手帖5 ~栞子さんと繋がりの時~ お花某(BOOK☆WALKER スタッフ) 登録日:2015/03/25

最新刊5巻を読んだら『ブラック・ジャック』が欲しくなった!

シリーズ累計550万部突破! 今回取上げられている作品のひとつ『ブラック・ジャック』(秋田書店刊行)。ビブリア古書堂シリーズの魅力は、この本で紹介された本をむしょうに読みたくなること(※)。 えぇ、私もまんまとひっかかりました。で、 本作を読み進める⇒大至急、家にあった『ブラック・ジャック』を調べる⇒ヒーッと変な声をあげて家の人に怒られる⇒持っているのにブックウォーカーで電書を買う⇒やや満足(今ココ)。たぶん同じような行動に出る人が全米200万人はいるはずです。 さて、この本作5巻で取り上げられている本『ブラック・ジャック』もB☆Wで絶賛配信中です。どんな謎かは5巻を読んでのお楽しみで…。やー、ピノコがねぇ…。知っている人は知っているんだろうなぁ。

「ビブリア古書堂の事件手帖(メディアワークス文庫)」のおすすめ情報