電子書籍 民法学における思想の問題(創文社オンデマンド叢書) 実用

著: 原島重義 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

民法学における思想の問題 あらすじ・内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

【内容紹介・目次・著者略歴】
民法学はどうあるべきなのか。「市民的実用法学」「利益衡量的実用法学」……。民法学の泰斗が民法を総合的にとらえ、その思想を探る。
【目次】
はしがき
凡例
第一部 民法学の方法と思想
第一章 民法規範の抽象的性格について
第一節 実定法規範に内在する「抽象的性格」 第二節 封建・近代・独占と「抽象的性格」 第三節 「抽象的性格」そのものの推移
第二章 所有秩序と商品交換過程の法
第一節 所有秩序の基礎法 第二節 資本の集中と所有秩序の変化
第三章 民法学における思想の問題
第一節 民法学の方向づけについて 第二節 「市民的実用法学」の社会的前提 第三節 「利益衡量的実用法学」の思想 第四節 民法の現代像の問題
第四章 民法の性格規定と民法学の方法
第一節 はじめに 第二節 実用法学としての民法学 第三節 民法の抽象性・一般性 第四節 民法の歴史的特徴 第五節 民法の積極面と消極面 第六節 民法のイデオロギー的性格
補論 法律の社会的意味を考える可能性
第五章 現実への対応と基本の見直し
第一節 法律常識の不条理 第二節 不条理の系譜 第三節 社会の無理と法律構成の無理 第四節 例外の原則化 第五節 原則の再確認と古典的なもの
第六章 市民法の見直し
第七章 戦後の「二大論争」と民科
第八章 心裡留保をめぐるエートス
第九章 「不透明」ということを考える
第十章 〈―つの全体をそのまま捉える〉ということ──『法的判断とは何か 民法の基礎理論』によせて
第二部 民法研究の途上で
第一章 研究生活を始めた頃
第一節 手形裏書の社会関係──統一的有価証券法成立の可能性を探る 第二節 法律学と経済学との間 第三節 法哲学というもの 第四節 日本法学の歩み──そのリーガル・マインド 第五節 土地所有権への国家介入に関する感想──T教授への手紙
第二章 法人の表見代理責任と不法行為責任──とくに非営利法人の場合
第一節 問題の所在 第二節 通説の背景 第三節 通説の特異性 第四節 判例の概観 第五節 判例の検討 第六節 結語
第三章 民法研究の途上で
第四章 ヘーゲルとドイツ・ロマン主義──民法研究の途上で(二)
第三部 三人の民法学者
第一章 私の見た九大教授山中康雄の法律学
第一節 はじめに 第二節 九大時代の山中法学 第三節 山中法学のスタンス
第二章 ある講演のこと──磯村哲先生と「利益法学」
第三章 法における擬制と判断──来栖三郎先生への手紙
初出一覧

原島 重義
1925年生まれ。法学者。九州大学名誉教授。九州大学法学部卒業。専門は、民事法学。
著書に、『法的判断とは何か 民法の基礎理論』』『民法学における思想の問題』『市民法の理論』などがある。

  • シェア:

「民法学における思想の問題(創文社オンデマンド叢書)」最新刊

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

【内容紹介・目次・著者略歴】
民法学はどうあるべきなのか。「市民的実用法学」「利益衡量的実用法学」……。民法学の泰斗が民法を総合的にとらえ、その思想を探る。
【目次】
はしがき
凡例
第一部 民法学の方法と思想
第一章 民法規範の抽象的性格について
第一節 実定法規範に内在する「抽象的性格」 第二節 封建・近代・独占と「抽象的性格」 第三節 「抽象的性格」そのものの推移
第二章 所有秩序と商品交換過程の法
第一節 所有秩序の基礎法 第二節 資本の集中と所有秩序の変化
第三章 民法学における思想の問題
第一節 民法学の方向づけについて 第二節 「市民的実用法学」の社会的前提 第三節 「利益衡量的実用法学」の思想 第四節 民法の現代像の問題
第四章 民法の性格規定と民法学の方法
第一節 はじめに 第二節 実用法学としての民法学 第三節 民法の抽象性・一般性 第四節 民法の歴史的特徴 第五節 民法の積極面と消極面 第六節 民法のイデオロギー的性格
補論 法律の社会的意味を考える可能性
第五章 現実への対応と基本の見直し
第一節 法律常識の不条理 第二節 不条理の系譜 第三節 社会の無理と法律構成の無理 第四節 例外の原則化 第五節 原則の再確認と古典的なもの
第六章 市民法の見直し
第七章 戦後の「二大論争」と民科
第八章 心裡留保をめぐるエートス
第九章 「不透明」ということを考える
第十章 〈―つの全体をそのまま捉える〉ということ──『法的判断とは何か 民法の基礎理論』によせて
第二部 民法研究の途上で
第一章 研究生活を始めた頃
第一節 手形裏書の社会関係──統一的有価証券法成立の可能性を探る 第二節 法律学と経済学との間 第三節 法哲学というもの 第四節 日本法学の歩み──そのリーガル・マインド 第五節 土地所有権への国家介入に関する感想──T教授への手紙
第二章 法人の表見代理責任と不法行為責任──とくに非営利法人の場合
第一節 問題の所在 第二節 通説の背景 第三節 通説の特異性 第四節 判例の概観 第五節 判例の検討 第六節 結語
第三章 民法研究の途上で
第四章 ヘーゲルとドイツ・ロマン主義──民法研究の途上で(二)
第三部 三人の民法学者
第一章 私の見た九大教授山中康雄の法律学
第一節 はじめに 第二節 九大時代の山中法学 第三節 山中法学のスタンス
第二章 ある講演のこと──磯村哲先生と「利益法学」
第三章 法における擬制と判断──来栖三郎先生への手紙
初出一覧

原島 重義
1925年生まれ。法学者。九州大学名誉教授。九州大学法学部卒業。専門は、民事法学。
著書に、『法的判断とは何か 民法の基礎理論』』『民法学における思想の問題』『市民法の理論』などがある。

「民法学における思想の問題(創文社オンデマンド叢書)」の作品情報

レーベル
創文社オンデマンド叢書
出版社
講談社
ジャンル
実用 哲学 思想 憲法・法律
ページ数
347ページ (民法学における思想の問題)
配信開始日
2022年7月15日 (民法学における思想の問題)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。