電子書籍 極限大地(築地書館) 実用

著: ウィリアム・グラスリー  訳: 小坂恵理 

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

極限大地 あらすじ・内容

人間は、人跡未踏の大自然に身をおいたときに、
どのような行動をとるのか。

氷壁とフィヨルドの海岸に囲まれたグリーンランドで、
地質学者は、何を見、何を感じたのか。

地球科学とネイチャーライティングを合体させて
最高のノンフィクションとたたえられたジョンバロウズ賞受賞作。


[原著書評より抜粋]
美しい文学的文章には……真摯な内省と科学的知識の裏付けがある。
『極限大地』に登場するのは、ほぼ前人未踏の大昔の世界だ。
いまや地球の変化は加速する一方だが、太古の時代の神秘がここには未だに残されている。
本書は文学、科学、哲学、詩のすべての要素において、ネイチャーライティングの傑作の資質を備えている。
ごく繊細なタッチによって、美と学問が稀に見るほど絶妙に組み合わされている。
――ジョン・バロウズ賞審査員評

著者は知覚の性質と人間の精神について熟考したうえで、
グリーンランドの構造のドラマチックな物理的特徴を描写しながら、
長期にわたる遠征で体験したスリリングな冒険を回想している。
――サイエンティフィック・アメリカン誌

陸地と北極海の境界がぼやけ、凍るように冷たく澄みきった海が広がり、
その鏡のように滑らかな表面を流氷が漂い、静寂が支配する場所を、著者は見事に再現した……
太古に関するこのストーリーの視点には、ただただ驚かされる……
グリーンランド東部について著者が抱いた鮮烈な印象からは、
サイエンスライターのほとんどとは無縁な試みに取り組んでいることがわかる。
すなわち、自らの快適な空間という領域にとどまらず、未知の領域にまで足を踏み入れている。
――ネイチャー誌

  • シェア:

「極限大地(築地書館)」最新刊

人間は、人跡未踏の大自然に身をおいたときに、
どのような行動をとるのか。

氷壁とフィヨルドの海岸に囲まれたグリーンランドで、
地質学者は、何を見、何を感じたのか。

地球科学とネイチャーライティングを合体させて
最高のノンフィクションとたたえられたジョンバロウズ賞受賞作。


[原著書評より抜粋]
美しい文学的文章には……真摯な内省と科学的知識の裏付けがある。
『極限大地』に登場するのは、ほぼ前人未踏の大昔の世界だ。
いまや地球の変化は加速する一方だが、太古の時代の神秘がここには未だに残されている。
本書は文学、科学、哲学、詩のすべての要素において、ネイチャーライティングの傑作の資質を備えている。
ごく繊細なタッチによって、美と学問が稀に見るほど絶妙に組み合わされている。
――ジョン・バロウズ賞審査員評

著者は知覚の性質と人間の精神について熟考したうえで、
グリーンランドの構造のドラマチックな物理的特徴を描写しながら、
長期にわたる遠征で体験したスリリングな冒険を回想している。
――サイエンティフィック・アメリカン誌

陸地と北極海の境界がぼやけ、凍るように冷たく澄みきった海が広がり、
その鏡のように滑らかな表面を流氷が漂い、静寂が支配する場所を、著者は見事に再現した……
太古に関するこのストーリーの視点には、ただただ驚かされる……
グリーンランド東部について著者が抱いた鮮烈な印象からは、
サイエンスライターのほとんどとは無縁な試みに取り組んでいることがわかる。
すなわち、自らの快適な空間という領域にとどまらず、未知の領域にまで足を踏み入れている。
――ネイチャー誌

「極限大地(築地書館)」の作品情報

レーベル
――
出版社
築地書館
ジャンル
実用 学問
ページ数
241ページ (極限大地)
配信開始日
2022年7月8日 (極限大地)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。