電子書籍 「超俗」の生活(講談社) 文芸・小説

著: 畑山博 

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

「超俗」の生活 あらすじ・内容

人間のやってることなんて、何て小さい!――流行とは、すぐ消えて無くなるもののこと。エコロジーだって、まやかしばかり。三百坪の畑を耕し、「銀河動物園」の15匹の動物たちに教えられる日々。もう世俗のことには、まどわされない。芥川賞作家が葉山の山の上で意志を貫いて生きる、確かな生活。

目次から
◎自然にも明らかに意志がある
◎人は耕すことによってのみ生きよ
◎草木語で話せるように
◎わが家は銀河動物園
◎「風の又三郎」になったアライグマ
◎ヤギは草食動物ではない
◎思い出のように生きたい
◎美しき死の日のために
◎素敵なぼけ方
◎臨終とは、とつぜん列車に乗ること

  • シェア:

「「超俗」の生活(講談社)」最新刊

人間のやってることなんて、何て小さい!――流行とは、すぐ消えて無くなるもののこと。エコロジーだって、まやかしばかり。三百坪の畑を耕し、「銀河動物園」の15匹の動物たちに教えられる日々。もう世俗のことには、まどわされない。芥川賞作家が葉山の山の上で意志を貫いて生きる、確かな生活。

目次から
◎自然にも明らかに意志がある
◎人は耕すことによってのみ生きよ
◎草木語で話せるように
◎わが家は銀河動物園
◎「風の又三郎」になったアライグマ
◎ヤギは草食動物ではない
◎思い出のように生きたい
◎美しき死の日のために
◎素敵なぼけ方
◎臨終とは、とつぜん列車に乗ること

「「超俗」の生活(講談社)」の作品情報

レーベル
――
出版社
講談社
ジャンル
文芸・小説 エッセイ
ページ数
236ページ (「超俗」の生活)
配信開始日
2022年8月12日 (「超俗」の生活)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。