電子書籍 勇者と呼ばれた後に(講談社ラノベ文庫) ラノベ

著: 空埜一樹  イラスト: さなだケイスイ 
みんなの★
3.8

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

勇者と呼ばれた後に ―そして無双男は家族を創る― あらすじ・内容

――これは、後日譚。魔王を倒した勇者の物語。
第13回講談社ラノベ文庫新人賞作。

 人間と魔族が争う世界――圧倒的な力を持つ魔王の率いる魔王軍を壊滅させたのは、たったひとりの勇者、ロイドという男だった。
 魔王から神に近いとまで言われた力を持つロイドは戦後、王により辺境の地の領主を命じられ、遠ざけられた。さらにその地に棲む皇帝竜の討伐も頼まれたロイドは、着任早々に向かい倒してしまう。
 しかし敗れた竜は、美しい女性に変化し、ロイドの伴侶になることに!? さらに過激派組織で【災厄の魔女】と呼ばれていた少女、ソフィアを、偶然に出会った魔王の娘、アリスすら義理の娘にしてしまう。
 これは最強の勇者と呼ばれながらも自分自身の価値を見つけられなかったロイドが「家族」を見つける物語。

  • シェア:

「勇者と呼ばれた後に(講談社ラノベ文庫)」最新刊

「どうしてわたしだけダメなの? ママ!」
魔王を倒した勇者ロイドと家族となったイヴ、アリス、ソフィア。ある日ソフィアが街の学校に行きたいと言い出す。ソフィアの希望を尊重することも大事とし、ロイドは許可をだした。そんな中、山で魔物に襲われる少女を偶然、保護することになる。

「ママと一緒だわ。この子、ドラゴンなの?」
竜の少女は両親が【千竜殺し】と呼ばれる傭兵に襲われたという。竜の少女の安全のため、イヴの知る竜の隠された巣に行くことになるロイドたちだったが、傭兵もまた執拗にその後を追っていた――。
魔王を倒した勇者の後日譚、第2弾!

「勇者と呼ばれた後に(講談社ラノベ文庫)」作品一覧

(2冊)

671〜693(税込)

まとめてカート

――これは、後日譚。魔王を倒した勇者の物語。
第13回講談社ラノベ文庫新人賞作。

 人間と魔族が争う世界――圧倒的な力を持つ魔王の率いる魔王軍を壊滅させたのは、たったひとりの勇者、ロイドという男だった。
 魔王から神に近いとまで言われた力を持つロイドは戦後、王により辺境の地の領主を命じられ、遠ざけられた。さらにその地に棲む皇帝竜の討伐も頼まれたロイドは、着任早々に向かい倒してしまう。
 しかし敗れた竜は、美しい女性に変化し、ロイドの伴侶になることに!? さらに過激派組織で【災厄の魔女】と呼ばれていた少女、ソフィアを、偶然に出会った魔王の娘、アリスすら義理の娘にしてしまう。
 これは最強の勇者と呼ばれながらも自分自身の価値を見つけられなかったロイドが「家族」を見つける物語。

「どうしてわたしだけダメなの? ママ!」
魔王を倒した勇者ロイドと家族となったイヴ、アリス、ソフィア。ある日ソフィアが街の学校に行きたいと言い出す。ソフィアの希望を尊重することも大事とし、ロイドは許可をだした。そんな中、山で魔物に襲われる少女を偶然、保護することになる。

「ママと一緒だわ。この子、ドラゴンなの?」
竜の少女は両親が【千竜殺し】と呼ばれる傭兵に襲われたという。竜の少女の安全のため、イヴの知る竜の隠された巣に行くことになるロイドたちだったが、傭兵もまた執拗にその後を追っていた――。
魔王を倒した勇者の後日譚、第2弾!

「勇者と呼ばれた後に(講談社ラノベ文庫)」の作品情報

レーベル
講談社ラノベ文庫
出版社
講談社
ジャンル
ライトノベル 男性向け ファンタジー
ページ数
324ページ (勇者と呼ばれた後に ―そして無双男は家族を創る―)
配信開始日
2022年8月31日 (勇者と呼ばれた後に ―そして無双男は家族を創る―)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。