電子書籍 12 シェイズ・オブ・ナイト 文芸

著者: ポーシャ・ダ・コスタ  翻訳者: 藤峰みちか 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

侯爵と私 あらすじ・内容

★Erotica(エロティカ)ジャンルが欧米で話題沸騰! 五感を刺激する魅惑のストーリー★ご主人様、どうか私を罰してください――★イギリスの由緒正しき侯爵邸でメイドをしているローズは、雇い主の侯爵の私室でビデオテープの山を見つけた。誘惑に駆られて再生したそのテープには、普段はクールで貴族然とした侯爵自身が女性の尻を平手で打つ、衝撃的なセックスシーンが映っていた! 以来、ローズは屋敷に誰もいないときを見計らっては部屋に忍び込み、そのビデオを見るようになった――まだ自覚すらしていない、ほのかな憧れと欲望を内に秘めて。そしてある日、突然帰宅した侯爵に見つかったとき……。

この作品を共有

「12 シェイズ・オブ・ナイト」最新刊

★エロティカ・シリーズ〈12 シェイズ・オブ・ナイト〉最終話は、人妻のひとときの秘め事……★ヴァレリーの中で、何かが濁り始めていた。外交官の夫と2人の子供。暮らしているのは花の都パリ。誰もが羨む生活のはずなのに、混んだメトロ、犬のフンだらけの舗道、アパルトマンの細い階段、ぐずる息子――そんなすべてが自分を老け込んだ女にしていく気がする。ある朝ヴァレリーは1本の電話を受けた。夫のアメリカ駐在時代に知り合ったオスカーが、今パリに出張で来ているから夫妻とコーヒーでも、と言うのだ。折しも夫は子供たちを連れて帰省中。初めてオスカーに会ったとき、その強烈なセックスアピールに圧倒されたのを今もはっきりと覚えている。これは……何かのサイン? 「夫は今いないの」と答えたとき、電話の向こうの温度がかすかに上がったことを、ヴァレリーは感じた――。

「12 シェイズ・オブ・ナイト」作品一覧

(11冊)

100円〜200円(+税)

まとめてカート

★Erotica(エロティカ)ジャンルが欧米で話題沸騰! 五感を刺激する魅惑のストーリー★ご主人様、どうか私を罰してください――★イギリスの由緒正しき侯爵邸でメイドをしているローズは、雇い主の侯爵の私室でビデオテープの山を見つけた。誘惑に駆られて再生したそのテープには、普段はクールで貴族然とした侯爵自身が女性の尻を平手で打つ、衝撃的なセックスシーンが映っていた! 以来、ローズは屋敷に誰もいないときを見計らっては部屋に忍び込み、そのビデオを見るようになった――まだ自覚すらしていない、ほのかな憧れと欲望を内に秘めて。そしてある日、突然帰宅した侯爵に見つかったとき……。

★ホットでタブーなErotica(エロティカ)が、全欧米で話題騒然!★私は知ってしまった、服従の悦びを――★パリの古いアパルトマンに越してきたジェニファーは、鳥籠のようなアンティークのエレベーターで家主のアルマンと乗り合わせた。「おはよう、“ラ・カージュ”(檻)に囚われた小鳥」朝からそんな台詞を囁くゴージャスなフランス男に、ジェニファーはつい淡い期待を抱く。だが週末、軽い近所づきあいのつもりでアルマンを訪ねたジェニファーは、部屋に閉じ込められ、彼の欲望の餌食となってしまう。数時間後、彼女は羞恥をかなぐり捨てて悶えていた。拘束された両手足をつき、すべてを晒した屈辱的な姿で。

★全米で話題沸騰のNEWジャンル、Erotica(エロティカ)。こんな愛の形、いけないですか?★彼との約束を破った私に待っていた、熱いお仕置き――★ある夏の夜、テスは“物騒だから窓は必ず閉めて寝ろよ”というドルーの言いつけに背いた。思いのほか怒った彼はテスを激しく奪い、気絶しそうなほどのオーガズムを与えたあと、なんと彼女の尻に平手を振り下ろしたのだ。容赦なく、何度も。驚き、抗うテスだったが、焼けつくような痛みはやがて熱い疼きとなって溢れ出し、いつしか彼女は懇願していた。「お願い、やめないで……」そして迎えた絶頂の最中、テスはドルーの真意を知る。

「12 シェイズ・オブ・ナイト」の作品情報

レーベル
ハーレクイン・デジタル
出版社
ハーレクイン(小説)
ジャンル
文芸 ハーレクイン(小説)
ページ数
57ページ (侯爵と私)
配信開始日
2013年2月28日 (侯爵と私)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad