電子書籍 歌集 じゃんけんできめる(小学館) 文芸・小説

著: 山添聖子  著: 山添葵  他

まずは、無料で試し読み

試し読み

27ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

歌集 じゃんけんできめる あらすじ・内容

【ご注意】※この電子書籍は紙の本のイメージで作成されており、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

類まれな想像力と繊細な洞察力。

朝日新聞内の短歌投稿欄「朝日歌壇」にて、2012年ごろより常連として掲載され「とても沁みる」と話題の母子3人による初短歌集。
聡介さんが小学一年生の時に詠んだ短歌は、2022年「折々のことば」にても選出され、注目が集まりました。

圧倒的な鮮やかさで世界を表現し、朝日歌壇に累計250回以上選ばれている親子の短歌から、約430首を厳選して掲載。


【母・聖子の歌】
新しい教祖のように迎えられ麩をちぎる子に鯉のざわめく

【姉・葵の歌】
弟の「ん」はいったんもめんだよ夜になったらとんでいきそう

【弟・聡介の歌】
ふうせんが九つとんでいきましたひきざんはいつもちょっとかなしい


学校生活での驚き、発見、家庭内で感じた喜び、寂しさ――「短歌」の形になることで、詠み手の一瞬の感情が、時間を越えて読者の手元で解凍されます。

3人の歌は2012年から2022年までの年ごとに並んでおり、
姉弟が短歌とともに成長している様子にも心を揺さぶられます。

巻末には、自宅で創作に励む子供たちの日常を取材したインタビュー記事も収録。

(底本 2022年9月発売作品)

  • シェア:

「歌集 じゃんけんできめる(小学館)」最新刊

【ご注意】※この電子書籍は紙の本のイメージで作成されており、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

類まれな想像力と繊細な洞察力。

朝日新聞内の短歌投稿欄「朝日歌壇」にて、2012年ごろより常連として掲載され「とても沁みる」と話題の母子3人による初短歌集。
聡介さんが小学一年生の時に詠んだ短歌は、2022年「折々のことば」にても選出され、注目が集まりました。

圧倒的な鮮やかさで世界を表現し、朝日歌壇に累計250回以上選ばれている親子の短歌から、約430首を厳選して掲載。


【母・聖子の歌】
新しい教祖のように迎えられ麩をちぎる子に鯉のざわめく

【姉・葵の歌】
弟の「ん」はいったんもめんだよ夜になったらとんでいきそう

【弟・聡介の歌】
ふうせんが九つとんでいきましたひきざんはいつもちょっとかなしい


学校生活での驚き、発見、家庭内で感じた喜び、寂しさ――「短歌」の形になることで、詠み手の一瞬の感情が、時間を越えて読者の手元で解凍されます。

3人の歌は2012年から2022年までの年ごとに並んでおり、
姉弟が短歌とともに成長している様子にも心を揺さぶられます。

巻末には、自宅で創作に励む子供たちの日常を取材したインタビュー記事も収録。

(底本 2022年9月発売作品)

「歌集 じゃんけんできめる(小学館)」の作品情報

レーベル
――
出版社
小学館
ジャンル
文芸・小説 詩集 俳句・短歌
ページ数
196ページ (歌集 じゃんけんできめる)
配信開始日
2022年9月2日 (歌集 じゃんけんできめる)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。