電子書籍 超空の決戦 新書

著者: 田中光二 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

超空の決戦 (1) あらすじ・内容

平成14年9月20日、航空自衛隊百里基地に、二式複戦「屠龍」が出現!搭乗員の中尉は『昭和20年9月』の過去から来たと主張する。驚くべきことに、昭和20年9月の日本は、本土防衛戦の真っ最中にあり、連日、B29の無差別戦略爆撃に晒されていた。米軍の本土上陸作戦発動が迫る。“もうひとつの日本を救え”時空を超えたレスキュー・ミッションは成功するのか――!?

この作品を共有

「超空の決戦」最新刊

ワシレフスキー極東軍司令官が率いるソ連軍は、関東軍に鉄槌を加えるべく満州に大攻勢をかけた。だが、極東空軍が一日で潰滅、大人海戦術による戦車軍団は甚大な損失をこうむった。しかし、スターリンは新京の関東軍にはBOJRF-M(満州軍)が加担しているというアメリカの情報を聞かず、更なる肉薄攻撃をジューコフ将軍に託した。泥沼の戦場と化した満蒙の荒野に、講和工作の声は届くのか?超人気シリーズ絶頂を極める完結篇!

「超空の決戦」作品一覧

(6冊)

各800円 (+税)

まとめてカート

平成14年9月20日、航空自衛隊百里基地に、二式複戦「屠龍」が出現!搭乗員の中尉は『昭和20年9月』の過去から来たと主張する。驚くべきことに、昭和20年9月の日本は、本土防衛戦の真っ最中にあり、連日、B29の無差別戦略爆撃に晒されていた。米軍の本土上陸作戦発動が迫る。“もうひとつの日本を救え”時空を超えたレスキュー・ミッションは成功するのか――!?

巨鳥B‐29の編隊が本土を爆撃し、焦土と化す日本に米軍のオリンピック作戦の火蓋が切って落された。<1945年9月の過去>という“外地”にJSDF(自衛隊)が全軍の粋を集めた超近代武装で、日本崩壊の運命を阻む救出作戦に乗り出す!略称バトル・オブ・ジャパン・レスキュー・フォースは、九州沖でハルゼー率いる第三艦隊と撃突した!忍び寄る北方のソ連軍の脅威を背後に、日本は生き残れるか!?

自衛隊の総力を結集して闘った九州沖海戦で、日本は米第三艦隊を完膚無きまでに叩き潰した。しかし、本土上陸(オリンピック)作戦阻止の勝利の狭間で、ソ連軍は沿海州方面に兵力を移動させていた。これまで日本分断を恐れていたアメリカは、陽動作戦としてソ連軍に北海道侵攻を企図している――北の守りに薄い日本軍に、果して米ソ協同の大進撃に抗する秘策は残されているのか!?混迷を深める戦況を活写する渾身作!

「超空の決戦」の作品情報

レーベル
歴史群像新書
出版社
学研
ジャンル
新書 架空戦記
ページ数
263ページ (超空の決戦 (1))
配信開始日
2015年3月18日 (超空の決戦 (1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad