電子書籍 帝国の両洋艦隊 新書

著者: 原俊雄 

まずは、無料で試し読み

試し読み

18ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

帝国の両洋艦隊 ルーズベルトの罠 あらすじ・内容

1940年9月。日本はドイツとの同盟締結後、イギリスとオランダに宣戦布告。南方への電撃戦を敢行した。これは、アメリカとの開戦を避けるための山本五十六ら海軍首脳部の苦悩の決断だった。しかし、戦争を望む米国は日米開戦の巧妙な罠を仕掛けていた…。

この作品を共有

「帝国の両洋艦隊」最新刊

マーシャル諸島沖開戦の大勝で米国との空母戦力比で圧倒的優位に立った日本軍だが、英国の空母を使うという奇策によってミッドウェイで大敗。空母戦力でも不利に陥った山本五十六は、双発艦上爆撃機「群星」を製造し、起死回生のハワイ侵攻に挑む!

「帝国の両洋艦隊」作品一覧

(2冊)

各762円 (+税)

まとめてカート

1940年9月。日本はドイツとの同盟締結後、イギリスとオランダに宣戦布告。南方への電撃戦を敢行した。これは、アメリカとの開戦を避けるための山本五十六ら海軍首脳部の苦悩の決断だった。しかし、戦争を望む米国は日米開戦の巧妙な罠を仕掛けていた…。

マーシャル諸島沖開戦の大勝で米国との空母戦力比で圧倒的優位に立った日本軍だが、英国の空母を使うという奇策によってミッドウェイで大敗。空母戦力でも不利に陥った山本五十六は、双発艦上爆撃機「群星」を製造し、起死回生のハワイ侵攻に挑む!

「帝国の両洋艦隊」の作品情報

レーベル
歴史群像新書
出版社
学研
ジャンル
新書 架空戦記
ページ数
275ページ (帝国の両洋艦隊 ルーズベルトの罠)
配信開始日
2015年3月18日 (帝国の両洋艦隊 ルーズベルトの罠)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad