電子書籍 非戦 解放の戦斧 新書

著者: 林譲治 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

非戦 解放の戦斧1 the Hammer for Freedom あらすじ・内容

大正デモクラシーが結実、昭和の日本は民主主義国家として発展した。あくまで「抑止力」としての軍隊を整備し、経済的発展を続ける日本の姿は、欧米列強支配下の植民地独立運動に火をつける。そして昭和16年、日本と欧米列強間の緊張は、ついに沸騰点に!

この作品を共有

「非戦 解放の戦斧」最新刊

大正デモクラシーが結実、昭和の日本は民主国家として発展した。あくまで「抑止力」としての軍隊を整備し、経済発展を続ける日本の姿は、植民地独立運動に火をつけ、欧米列強の反発を招く。その緊張が、ついに沸騰点に!日本はアジアの解放者となれるのか?

「非戦 解放の戦斧」作品一覧

(3冊)

各667円 (+税)

まとめてカート

大正デモクラシーが結実、昭和の日本は民主主義国家として発展した。あくまで「抑止力」としての軍隊を整備し、経済的発展を続ける日本の姿は、欧米列強支配下の植民地独立運動に火をつける。そして昭和16年、日本と欧米列強間の緊張は、ついに沸騰点に!

大正デモクラシーが結実、昭和の日本は民主主義国家として発展した。あくまで「抑止力」としての軍隊を整備し、経済的発展を続ける日本の姿は、欧米列強支配下の植民地独立運動に火をつける。そして昭和16年、日本と欧米列強間の緊張は、ついに沸騰点に!

大正デモクラシーが結実、昭和の日本は民主国家として発展した。あくまで「抑止力」としての軍隊を整備し、経済発展を続ける日本の姿は、植民地独立運動に火をつけ、欧米列強の反発を招く。その緊張が、ついに沸騰点に!日本はアジアの解放者となれるのか?

「非戦 解放の戦斧」の作品情報

レーベル
歴史群像新書
出版社
学研
ジャンル
新書 架空戦記
ページ数
250ページ (非戦 解放の戦斧1 the Hammer for Freedom)
配信開始日
2015年3月18日 (非戦 解放の戦斧1 the Hammer for Freedom)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad