電子書籍 風の忍び 六代目小太郎 文芸・小説

著者: 柳蒼二郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

六代目小太郎 風の忍び あらすじ・内容

昼は市井に生きる代わり、夜は江戸の鎮護を定められた風魔一族。彼らを率いる扇の要は無役小普請の青年・風間伊織、六代目風魔小太郎だ。だが要の役割は一族の三爺、吉原総代・庄司甚右衛門、古手総商い・鳶沢甚内、用人・霧江孫兵衛の報告を聞くばかりで……

この作品を共有

「風の忍び 六代目小太郎」最新刊

風間、おぬし風魔か……。柳生十兵衛、遂に風間伊織が六代目風魔小太郎と知る! 風魔殲滅に動きだした裏柳生との戦い。そのとき、伊織は? 十兵衛は? 「一個人」≪最高におもしろい本≫時代小説部門で第3位に輝いた「風の忍び」シリーズ第5弾!!

「風の忍び 六代目小太郎」作品一覧

(5冊)

各476円 (+税)

まとめてカート

昼は市井に生きる代わり、夜は江戸の鎮護を定められた風魔一族。彼らを率いる扇の要は無役小普請の青年・風間伊織、六代目風魔小太郎だ。だが要の役割は一族の三爺、吉原総代・庄司甚右衛門、古手総商い・鳶沢甚内、用人・霧江孫兵衛の報告を聞くばかりで……

小普請無役、五百国を食む若侍・風間伊織は、昼は市井に生きる代わりに家康と江戸の鎮護を約した風魔一族の扇の要・六代目風魔小太郎であった。一族は吉原総代・庄司甚右衛門と古手総商い・鳶沢甚内を差配として、今日も市井の闇に働いているが……

家康に江戸の鎮護を託された風魔一族の要・六代目風魔小太郎は、市井では風間伊織を名乗る小普請無役五百石の若侍。師走、侍ばかりを三つ胴に斬り分ける辻斬りが出た。その遣り口に化外の匂いを嗅ぎ取った伊織。さらに伊織の友・柳生十兵衛も襲われ……

「風の忍び 六代目小太郎」の作品情報

レーベル
学研M文庫
出版社
学研
ジャンル
文芸・小説 時代小説
ページ数
246ページ (六代目小太郎 風の忍び)
配信開始日
2015年3月18日 (六代目小太郎 風の忍び)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad