電子書籍 福豆ざむらい事件帖 文芸・小説

著者: 芦川淳一 

まずは、無料で試し読み

試し読み

19ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

福豆ざむらい事件帖 魔除け印籠 あらすじ・内容

藩の馬廻り役を辞して江戸に出た福来丈太郎は、日本橋の裏長屋で印籠を作る浪人となった。長屋の連中から“福豆の旦那”と慕われ、向かいに住む下っ引きの峰吉が様々な面倒ごとを持ち込んでくるが、丈太郎には江戸で妻子の仇を討つという密かな目的が…。

この作品を共有

「福豆ざむらい事件帖」最新刊

米問屋の一人娘が行方不明になり、戻ってきたときには別人のように変わっていた。親から相談を持ちかけられた浪人・福来丈太郎は、娘と共に店に現れた男の言行に不審を抱き、下っ引きの峰吉の協力をえて、その悪企みをなんとか突き止めたのだが…。

「福豆ざむらい事件帖」作品一覧

(2冊)

各613(税込)

まとめてカート

藩の馬廻り役を辞して江戸に出た福来丈太郎は、日本橋の裏長屋で印籠を作る浪人となった。長屋の連中から“福豆の旦那”と慕われ、向かいに住む下っ引きの峰吉が様々な面倒ごとを持ち込んでくるが、丈太郎には江戸で妻子の仇を討つという密かな目的が…。

米問屋の一人娘が行方不明になり、戻ってきたときには別人のように変わっていた。親から相談を持ちかけられた浪人・福来丈太郎は、娘と共に店に現れた男の言行に不審を抱き、下っ引きの峰吉の協力をえて、その悪企みをなんとか突き止めたのだが…。

「福豆ざむらい事件帖」の作品情報

レーベル
学研M文庫
出版社
学研
ジャンル
文芸・小説 時代小説
ページ数
291ページ (福豆ざむらい事件帖 魔除け印籠)
配信開始日
2015年3月18日 (福豆ざむらい事件帖 魔除け印籠)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad