電子書籍 蜜猟人朧十三郎 文芸

著者: 睦月影郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

蜜猟人朧十三郎 色時雨 あらすじ・内容

自らの可能性を試すべく、常陸から江戸へとやってきた朧家十三郎は玉泉堂という薬種問屋の母娘に見込まれる。しかし、常陸から十三郎を追ってきた、女武芸者・伊波梓は十三郎に立ち会いを求める…。初めての江戸で、十三郎は思わぬ事件に巻き込まれていく。

この作品を共有

「蜜猟人朧十三郎」最新刊

裏稼業で回春薬を扱う薬種問屋の朧十三郎は、恋い焦がれる幼馴染の女剣士・伊波梓や、満たされない火照った体を持て余す人妻の美緒、そして亡き妻の面影を残す妖艶な義母の泉と褥をともにして、女体遍歴の旅を続けて行く……。好評シリーズ、堂々の完結編。

「蜜猟人朧十三郎」作品一覧

(10冊)

各476円 (+税)

まとめてカート

自らの可能性を試すべく、常陸から江戸へとやってきた朧家十三郎は玉泉堂という薬種問屋の母娘に見込まれる。しかし、常陸から十三郎を追ってきた、女武芸者・伊波梓は十三郎に立ち会いを求める…。初めての江戸で、十三郎は思わぬ事件に巻き込まれていく。

仕えていた藩を飛び出し、縁あって秘薬媚薬を扱う江戸の薬種問屋「玉泉堂」の居候となった十三郎。世継ぎの出来ない、大藩の若君と正室への色事指南の依頼を受けた十三郎は、玉泉堂の女主人である泉と共に二人の閨に忍んでいくが……。

仕えていた藩を飛び出し、縁あって秘薬媚薬を扱う江戸の薬種問屋「玉泉堂」の居候となった十三郎。十三郎は、玉泉堂の女主人である泉、彼を追って江戸に出てきた幼馴染みの女剣士・伊波梓と肌を合わせながら、色事指南につとめることに……。

「蜜猟人朧十三郎」の作品情報

レーベル
学研M文庫
出版社
学研
ジャンル
文芸 時代小説 官能小説 官能
ページ数
219ページ (蜜猟人朧十三郎 色時雨)
配信開始日
2015年3月18日 (蜜猟人朧十三郎 色時雨)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad