電子書籍 無頼酒慶士郎覚え書き 文芸

著者: 中岡潤一郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

無頼酒慶士郎覚え書き 酒風、舞う あらすじ・内容

主家の権力争いに巻き込まれ脱藩した酒風慶士郎は、追っ手に重傷を負わされたが、老舗の酒問屋根岸屋の女将おさとに救われる。腕を見込まれた慶士郎は、闇の大物商人が仕掛ける陰謀を暴き、事件を一刀両断に解決。酒にまつわる江戸情緒たっぷりの人情活劇!

この作品を共有

「無頼酒慶士郎覚え書き」最新刊

失踪した兄弟子を探して灘から江戸へやって来た蔵人・喜助。慶士郎はその人探しに力を貸すうち、金四郎と名乗る謎の男から、下り酒に代わって江戸地回りの酒を流通させるための幕閣の陰謀を知る。ならず者を使う強引なやり方に、慶士郎の怒りが爆発する!

「無頼酒慶士郎覚え書き」作品一覧

(2冊)

各476円 (+税)

まとめてカート

主家の権力争いに巻き込まれ脱藩した酒風慶士郎は、追っ手に重傷を負わされたが、老舗の酒問屋根岸屋の女将おさとに救われる。腕を見込まれた慶士郎は、闇の大物商人が仕掛ける陰謀を暴き、事件を一刀両断に解決。酒にまつわる江戸情緒たっぷりの人情活劇!

失踪した兄弟子を探して灘から江戸へやって来た蔵人・喜助。慶士郎はその人探しに力を貸すうち、金四郎と名乗る謎の男から、下り酒に代わって江戸地回りの酒を流通させるための幕閣の陰謀を知る。ならず者を使う強引なやり方に、慶士郎の怒りが爆発する!

「無頼酒慶士郎覚え書き」の作品情報

レーベル
学研M文庫
出版社
学研
ジャンル
文芸
ページ数
271ページ (無頼酒慶士郎覚え書き 酒風、舞う)
配信開始日
2015年3月18日 (無頼酒慶士郎覚え書き 酒風、舞う)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad