電子書籍 翔竜 政宗戦記 新書

著者: 坂上天陽 

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

翔竜 政宗戦記 1 天翔の謀 あらすじ・内容

英雄いまだ遅からじ!天正13年、戦国の世は羽柴秀吉のもとに終息するかと思えたとき、奥羽の地から一匹の竜が飛翔しようとしていた。独眼竜、伊達政宗である。己の弱さを断ち切るかのように右目を潰した政宗は、家督を継いで一年後、畠山義継の凶行により父を喪う。復讐を誓い、兵を挙げた人取橋の合戦が、政宗の未来を変える。客将として麾下に入る謎の僧侶・天海。股肱の臣・片倉景綱とともに目指すは、天下への足掛かりである奥州の統一。今、若き竜の行く手には、果てしない世界が広がっている!

この作品を共有

「翔竜 政宗戦記」最新刊

岡崎隊の銃声で幕を開けた天下分け目の戦いは、序盤は前衛部隊の小競り合いで進行した。諸大名を調略し、必勝の態勢を整えた徳川家康。だが、信頼していた天海こと蘆名伝十郎の裏切りに遭った家康は、伊達軍、関ヶ原に迫るとの報に、総大将にあるまじき恐慌状態に陥ってしまう。榊原康政らは指揮の執れない家康を支え、豊臣軍を猛攻。合戦は徳川軍の勝利に進むかと思えたが、徳川軍の背後に政宗率いる伊達軍が出現した。海路を取ったと目されていた伊達軍が現れたのは、諸人の予想を超えた東方の陸路であった。豊臣秀吉・徳川家康の両雄を向こうに回

「翔竜 政宗戦記」作品一覧

(6冊)

各800円 (+税)

まとめてカート

英雄いまだ遅からじ!天正13年、戦国の世は羽柴秀吉のもとに終息するかと思えたとき、奥羽の地から一匹の竜が飛翔しようとしていた。独眼竜、伊達政宗である。己の弱さを断ち切るかのように右目を潰した政宗は、家督を継いで一年後、畠山義継の凶行により父を喪う。復讐を誓い、兵を挙げた人取橋の合戦が、政宗の未来を変える。客将として麾下に入る謎の僧侶・天海。股肱の臣・片倉景綱とともに目指すは、天下への足掛かりである奥州の統一。今、若き竜の行く手には、果てしない世界が広がっている!

強豪・佐竹義重を打ち破り、伊達政宗は己の野望に向けて次々と諸国を平らげていく。しかし、最上義光との戦いに母・保春院が止めに入ってから、政宗の中で何かが変わっていった。そんな政宗に愛想を尽かし、出奔する天海こと蘆名伝十郎。彼が次に寄寓した武将は、秀吉のもとで不気味に鳴りを潜める徳川家康であった。天下の情勢は予断を許さず、刻一刻と変化していく。豊臣秀吉による本格的な北条攻めが始まり、政宗は人生最大の岐路に立たされていた。

小田原の陣における河越決戦は、政宗の覇道の転換点となった。反豊臣の姿勢を満天下に示し、豊臣秀吉による天下統一に待ったをかけたのだ。老境に差し掛かり、大敗北を喫した秀吉の精神は変調を来し始め、豊臣の覇業を支えた小一郎秀長の命脈も、ようよう尽きようとしていた。国もとに凱旋した政宗は兵を養い、伊達・最上・南部の三国同盟と対立する奥州全土の諸勢力を討滅していく。だが、破竹の勢いで進む政宗の前に、軍神・上杉謙信を彷彿とさせる景勝が立ちはだかった!

「翔竜 政宗戦記」の作品情報

レーベル
歴史群像新書
出版社
学研
ジャンル
新書 架空戦記
ページ数
316ページ (翔竜 政宗戦記 1 天翔の謀)
配信開始日
2015年3月18日 (翔竜 政宗戦記 1 天翔の謀)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad