電子書籍 プロポーズのゆくえ(ハーレクイン・ディザイア) 文芸

著者: アイリーン・ウィルクス  翻訳者: 三浦万里 

まずは、無料で試し読み

試し読み

11ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

愛し方がわからなくて あらすじ・内容

彼は金のため、彼女はベッドでの経験のため、互いを利用するつもりだった。

彼は金のため、彼女はベッドでの経験のため、互いを利用するつもりだった。■「だけど、なぜ私なの?」長年の友人ルークに結婚を申し込まれたマギーは、驚いてそうきいた。ルークが自分を愛していないことは知っていたし、彼の父親が結婚を遺産相続の条件と遺言したことも知っていたので、これが便宜上の結婚の申し込みだろうということは、彼女にもわかった。でも、堕天使のように罪深いほど魅力的な容姿の彼となら、便宜上であっても結婚したがる女性はたくさんいるはずだ。気弱で色気もない私なんかより美しい女性が。しかし彼はこう答えた――君は僕に期待しても無駄だと知っているし、僕は、僕を愛していると思いこんでいる女性と結婚するのは嫌だから、と。マギーは彼との心地よい友人関係を危険にさらしたくはなかった。けれど、彼女自身、どうしても解決したい悩みがあり、それには彼と結婚するのが一番の方法に思えた……。

この作品を共有

「プロポーズのゆくえ(ハーレクイン・ディザイア)」最新刊

彼は金のため、彼女はベッドでの経験のため、互いを利用するつもりだった。■「だけど、なぜ私なの?」長年の友人ルークに結婚を申し込まれたマギーは、驚いてそうきいた。ルークが自分を愛していないことは知っていたし、彼の父親が結婚を遺産相続の条件と遺言したことも知っていたので、これが便宜上の結婚の申し込みだろうということは、彼女にもわかった。でも、堕天使のように罪深いほど魅力的な容姿の彼となら、便宜上であっても結婚したがる女性はたくさんいるはずだ。気弱で色気もない私なんかより美しい女性が。しかし彼はこう答えた――君は僕に期待しても無駄だと知っているし、僕は、僕を愛していると思いこんでいる女性と結婚するのは嫌だから、と。マギーは彼との心地よい友人関係を危険にさらしたくはなかった。けれど、彼女自身、どうしても解決したい悩みがあり、それには彼と結婚するのが一番の方法に思えた……。

「プロポーズのゆくえ(ハーレクイン・ディザイア)」の作品情報

レーベル
ハーレクイン・ディザイア
出版社
ハーレクイン(小説)
ジャンル
文芸 ハーレクイン(小説)
ページ数
166ページ (愛し方がわからなくて)
配信開始日
2015年3月19日 (愛し方がわからなくて)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad