電子書籍 竜の卵を拾いまして ラノベ

著: おきょう  イラスト: 池上紗京 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

79ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

竜の卵を拾いまして 1 あらすじ・内容

「なんだか重いし……熱い……?」朝食のオムレツを作ろうと、いつものように卵を割ったシェイラ。でもその中から出てきたのは、赤いうろこに覆われた火竜の子供で!? 貴重な生き物である竜がどうしてこんなところに? 不思議に思いながらも一人ではどうにもできないシェイラは、竜の子を保護してもらおうと王城を訪れる。けれど竜の子に懐かれてしまったシェイラは、火竜のソウマや彼のパートナーであるアウラットの助けをかりて、親代わりとして育てることになり――!?  竜を愛する少女と少女を愛する竜たちの、子育てファンタジー第1巻! 第1回アリアンローズ新人賞「読者賞」受賞作登場!

この作品を共有

「竜の卵を拾いまして」最新刊

妹ユーラの誕生祝いのため、旅を中断しココとスピカと共に実家のストヴェールを訪れたシェイラ。久しぶりに家族と会えることを楽しみにしていたのに、そこで待っていたのは水竜の里で別れたはずの恋人ソウマと、二人の関係を反対する長兄レヴィウスで!?  レヴィウスとの関係が拗れる中、祖母のもとで白竜の力の源について告げられたシェイラは、あることを決意しており――。 竜を愛するシェイラと、シェイラを愛する竜達を巡る第5巻。ママとして、竜として生きることを決めた少女の物語、いよいよクライマックスへ!

「竜の卵を拾いまして」作品一覧

(5冊)

各900円 (+税)

まとめてカート

「なんだか重いし……熱い……?」朝食のオムレツを作ろうと、いつものように卵を割ったシェイラ。でもその中から出てきたのは、赤いうろこに覆われた火竜の子供で!? 貴重な生き物である竜がどうしてこんなところに? 不思議に思いながらも一人ではどうにもできないシェイラは、竜の子を保護してもらおうと王城を訪れる。けれど竜の子に懐かれてしまったシェイラは、火竜のソウマや彼のパートナーであるアウラットの助けをかりて、親代わりとして育てることになり――!?  竜を愛する少女と少女を愛する竜たちの、子育てファンタジー第1巻! 第1回アリアンローズ新人賞「読者賞」受賞作登場!

「初めまして、あなたはどんな子なのかしら」 火竜の子供・ココの母親代わりになったシェイラ。恋人であるソウマをはじめとした竜達のそばで生きることを決めたけれど、家族と離れる生活を、妹・ユーラに反対されてしまう。そんな中、ココが力を暴走させ焼き尽くしてしまったロワイスの森を訪れることに。その晩、夜空から流星のように新たな卵がシェイラの前に現れて!? そのうえ、滅びたと伝えられていた黒竜の子供と知り――。竜を愛する少女と少女を愛する竜達の、ほのぼの子育てファンタジー待望の第2巻!

「知らない世界に飛び出してみたい――」 白竜の血を引く自分自身のため。そして母親代わりに育てている火竜・ココ、黒竜・スピカの成長のため、家族や恋人のソウマと離れ、旅立つことを決めたシェイラ。 王都を発って旅にも慣れた頃、水竜の里を目指すため訪れた港町で、荒んだ雰囲気の男性と出会う。未だ完全な竜になれないシェイラは、風竜である彼・ヴィートに揺れる心を見透かされ、「竜である自分を完全に受け入れろ」と、厳しい言葉を浴びせられてしまい…―!? 竜を愛する少女と少女を愛する竜達をめぐる物語。待望の第3巻いよいよ登場!

「竜の卵を拾いまして」の作品情報

レーベル
アリアンローズ
出版社
アリアンローズ
ジャンル
ライトノベル 女性向け
ページ数
351ページ (竜の卵を拾いまして 1)
配信開始日
2015年3月20日 (竜の卵を拾いまして 1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad