電子書籍 「瑠璃色ゼネレーション」シリーズ マンガ

完結
著者: 柳沢きみお 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

瑠璃色ゼネレーション(1) あらすじ・内容

深町良32歳、妻のさえことは大学時代からの同棲生活を経て結婚したのだが、いつのまにか腹の出てくる年齢に。最近では性生活も超マンネリで、変わったことでもなければその気になれない状態となっていた。ある日、同僚に誘われと飲んで遅くに帰るとそこには豪華な食事が…。実は結婚記念日だったのだった。すっかり忘れてしまった良に対し、さえこは超不機嫌に…。そんなこともあり夫婦仲は決して良好とはいえないため、良にとってはいつしかあこがれて購入したマンションもローンと妻の重さだけが残り、マンションに近づくにつれ足が重くなっていくようになっていた。そんな時、同じ会社の若い女の子に声をかけられた良は…!? 男女の恋愛、結婚への考え方の違いを考えさせられ、すれ違いを繰り返す主人公夫妻にハラハラドキドキさせられることは間違いナシ! 1984年にはテレビドラマ化もされた作品でもあるのだ。

この作品を共有
  

「「瑠璃色ゼネレーション」シリーズ」最新刊

偶然知り合った、同じマンションに住む美人の女子高生とデートをすることになった良だったが、なぜか虚しさしか残らない。そんな虚しさの中、思い悩む良は、人生にも四季があり、その四季を乗り越えるには分かり合えるパートナーが必要なのではないかと、そして、さえことの関係を戻そうとさえこを誘い出し、復縁を本気で願いでるのであった。さえこはやっとアパートを見つけひとり暮らしを始めたのであったが、良と同じように、ふらふらと思いが揺れているのであった。男女の思いの違いによりすれ違いを繰り返してきた良とさえこは果たして夫婦に戻れるのか…!? 理想の夫婦像とは!? 恋愛、結婚、そして家族。それらに対する男女の考えの違いを浮き彫りにしたハラハラドキドキの夫婦の物語もいよいよクライマックス!!

「「瑠璃色ゼネレーション」シリーズ」作品一覧

(7冊)

各380円 (+税)

まとめてカート

深町良32歳、妻のさえことは大学時代からの同棲生活を経て結婚したのだが、いつのまにか腹の出てくる年齢に。最近では性生活も超マンネリで、変わったことでもなければその気になれない状態となっていた。ある日、同僚に誘われと飲んで遅くに帰るとそこには豪華な食事が…。実は結婚記念日だったのだった。すっかり忘れてしまった良に対し、さえこは超不機嫌に…。そんなこともあり夫婦仲は決して良好とはいえないため、良にとってはいつしかあこがれて購入したマンションもローンと妻の重さだけが残り、マンションに近づくにつれ足が重くなっていくようになっていた。そんな時、同じ会社の若い女の子に声をかけられた良は…!? 男女の恋愛、結婚への考え方の違いを考えさせられ、すれ違いを繰り返す主人公夫妻にハラハラドキドキさせられることは間違いナシ! 1984年にはテレビドラマ化もされた作品でもあるのだ。

子作りのために専業主婦をしていたさえこだったのだが、以前務めていた宝石店の支店長として再び働きはじめるのであった。すると、大学時代の友人の菊地と偶然再会する。美容師になった菊地に髪を切ってもらったさえこは、それをきっかけに菊地と食事をする仲に。良は会社の同僚の井原が離婚問題の真っ只中にあり、別居中ということもあってそんな井原の状況に少しうらやましくも思っているほど。良とさえこは休日もずれてしまったことで、ますますすれ違いが多くなっていくのであった。ある休日に、良は会社の若い女の子の横田と休日に海へ出かけて、ダメだと思いながらも体の関係をもってしまう。さらに、嘘をついて外出していたことがさえこにばれてしまい…!! 男女の恋愛、結婚への考え方の違いを浮き彫りにして、すれ違いを繰り返す主人公夫妻にハラハラドキドキさせられることは間違いナシ! 1984年にはテレビドラマ化もされた作品でもあるのだ。

良の嘘が原因でさえこと険悪な雰囲気が続く中、さえこが実家に帰ってしまい、おもしろくない良はひとりで飲みに出かけ、いたたまれないむなしさのためか、勢いで馴染みの店のミキちゃんとからだの関係をもってしまう。翌朝、バカなことをしたと思い悩みながらマンションに帰ると、そこには実家に帰っているはずのさえこがいた。さえこから出てってほしいと言われた良は、行くあてがもなく夜の街をさまようのであった。いっぽう、同僚の井原は別居中の奥さんとの復縁の交渉に奥さんの実家に行くのであったが…。 男女の恋愛、結婚への考え方の違いを浮き彫りにして、すれ違いを繰り返す主人公夫妻にハラハラドキドキさせられることは間違いナシ! 1984年にはテレビドラマ化もされた作品でもあるのだ。

「「瑠璃色ゼネレーション」シリーズ」の作品情報

レーベル
――
出版社
ゴマブックス
ジャンル
マンガ 完結
ページ数
243ページ (瑠璃色ゼネレーション(1))
配信開始日
2015年3月26日 (瑠璃色ゼネレーション(1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad