電子書籍 幽霊伯爵の花嫁 ラノベ

著: 宮野美嘉  イラスト: 増田メグミ 
みんなの★
5.0

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

幽霊伯爵の花嫁 あらすじ・内容

ライトノベル大賞「優秀賞&読者賞」W受賞

侯爵家の血を引く、天涯孤独(ル:てんがいこどく)の美少女サアラ。彼女は、身を寄せる遠縁の家の息子と婚約していたが、幽霊伯爵と呼ばれるコルドン伯爵の17人目の妻として嫁ぐことに! 更に嫁ぎ先は、墓地に囲まれ夜な夜な幽霊が現れるという場所で!? 妻に無関心な夫、何故かよそよそしい使用人達。ところが、サアラはのびのびと毎日を満喫し、逆に夫を翻弄して……!? 美しく強かに、少女は恋と幸せをつかみ取る!

※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。

この作品を共有

「幽霊伯爵の花嫁」最新刊

幽霊伯爵の17人目の花嫁の最強新婚生活!

最愛の夫であり優秀な墓守である夫ジェイクとともに、にぎやかな幽霊たちに囲まれたコルドン伯爵家で、相変わらず仲の良い暮らしを送っていたサアラ。
 そんなある日、ジェイクのもとに匿名の手紙が届けられる。そこには、同じ墓守の家系であるランカスタン伯爵家で殺人事件が起こり、禁術で悪霊に変えられた死者が屋敷に閉じ込めている…という信じがたい内容が記されていた。
 手紙の真偽を確かめるため、ジェイクの指示でエリオスが調査に向かうが、兄を追って、まだ幼い娘リオンが家出してしまう。サアラとジェイクはリオンを連れ戻すため、夫婦揃って旅立つことに。
 ランカスタン伯爵領に着いたサアラは、何かを隠している様子の領主を疑いもせず、屋敷に漂う奇妙な気配も気にしないジェイクに、だんだんと苛立ちが募りはじめる。ジェイクの抱擁を思わず拒絶してしまい、自分の態度に衝撃を受けるサアラ。もしかして…これが世に言う夫婦の倦怠期――!?
 あれから5年。予測不能な夫婦に最大の危機? 大人気シリーズ、ファン待望の新エピソードが登場!

※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。

「幽霊伯爵の花嫁」作品一覧

(8冊)

583〜671(税込)

まとめてカート

ライトノベル大賞「優秀賞&読者賞」W受賞

侯爵家の血を引く、天涯孤独(ル:てんがいこどく)の美少女サアラ。彼女は、身を寄せる遠縁の家の息子と婚約していたが、幽霊伯爵と呼ばれるコルドン伯爵の17人目の妻として嫁ぐことに! 更に嫁ぎ先は、墓地に囲まれ夜な夜な幽霊が現れるという場所で!? 妻に無関心な夫、何故かよそよそしい使用人達。ところが、サアラはのびのびと毎日を満喫し、逆に夫を翻弄して……!? 美しく強かに、少女は恋と幸せをつかみ取る!

※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。

美しく傲慢に、恋する最強ヒロイン再臨!!

サアラは退屈だった。コルドン伯爵家へ嫁いで2か月、夫のジェイクに恋したサアラは、やや一方的な新婚生活を心から満喫していた――10日前までは。仕事で領地を離れたジェイクに、サアラの機嫌は日に日に悪くなり……ついに領地を飛び出して!? 一方、首切り魔の幽霊を捕縛しに来たジェイクは、傍にいないサアラが何故か気にかかり? 「どうやら私はきみが好きらしい」暴走する花嫁と恋を自覚した夫の、予測不能な夫婦関係の行方は!?

※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。

乙女の戦いは、美しく強かでとっても過激!

ある日、マッケニア伯爵家から届いた夜会の招待状。何故かサアラは、大好きなジェイクと離れることを承知で出かけて行く。その理由とは……? 一方、ある少女の幽霊を追ってマッケニア伯爵家に来たジェイクは、そこで驚くべき状況に遭遇して!? 華やかな夜会に隠された秘密と、少女の幽霊を縛る未練とは? 赤い糸ならぬ手錠で繋がれた夫婦の恋は、過激に進展中! 型破りな最強ヒロインは、恋も友情も予想外!!

※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。

「幽霊伯爵の花嫁」のおすすめコメント

幽霊伯爵の花嫁 みゆう(BOOK☆WALKER スタッフ) 登録日:2016/09/23

幽霊なんて怖くない。だって幸せであることが重要だもの。

幽霊伯爵と噂されるコルドン伯爵家の17人目の嫁として嫁ぐことになったサアラは、何があっても常に笑顔の美少女です。 夫となったジェイクが墓守の仕事をしており、墓地に囲まれているというだけあって、このお屋敷、わんさか出るんです。 ジェイクが今まで娶った16人の妻たちは、それに恐怖して出て行ってしまうほど。 ですがサアラは違います。 夜な夜な部屋を訪れる幽霊たちに恐怖するどころか、逆に「女性の部屋に無断で侵入するとは何事か」と説教。見た目に反してなんてたくましい…! ちなみに夫のジェイク、今までの妻たちには無関心を貫いていましたが、さすがにサアラには興味をひかれた模様。 無表情な人がちょっとでも表情崩すと嬉しくなりますね!こういう仕草に今後のラブ展開への期待が高まります。 サアラが恐れないのは幽霊より怖いものを知っているから。それは一体何なんでしょう。 そして、そんなサアラにジェイクは心を開いていくんでしょうか。 読んで確かめてくださいね。

「幽霊伯爵の花嫁」の作品情報

レーベル
ルルル文庫
出版社
小学館
ジャンル
ライトノベル 女性向け
ページ数
289ページ (幽霊伯爵の花嫁)
配信開始日
2015年4月17日 (幽霊伯爵の花嫁)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad