電子書籍 吉良忠臣蔵(集英社文庫) 文芸

著者: 森村誠一 

まずは、無料で試し読み

試し読み

31ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

吉良忠臣蔵(上) あらすじ・内容

江戸城中・松の廊下の刃傷事件の背後には、冷酷無比な罠が張りめぐらされていた! 浅野家、吉良家、上杉家、そして将軍綱吉の側用人・柳沢吉保に、赤穂藩家老・大石内蔵助。権謀術数渦巻くパワーゲームを迫力豊かに描き、独自の歴史観で組み立てなおす実像忠臣蔵ロマン。

この作品を共有

「吉良忠臣蔵(集英社文庫)」最新刊

清水一学、小林平八郎、新貝弥七郎、鳥井利右衛門……。主君・上野介への忠義において、浅野方と上下があろうはずのない吉良家臣団。その一人ひとりにも秘められたロマンがあった。力と力、頭脳と頭脳の駆け引きが繰り広げられるなかに、いよいよ対決の日が迫る。一大歴史絵巻。

「吉良忠臣蔵(集英社文庫)」作品一覧

(2冊)

400円〜505円(+税)

まとめてカート

江戸城中・松の廊下の刃傷事件の背後には、冷酷無比な罠が張りめぐらされていた! 浅野家、吉良家、上杉家、そして将軍綱吉の側用人・柳沢吉保に、赤穂藩家老・大石内蔵助。権謀術数渦巻くパワーゲームを迫力豊かに描き、独自の歴史観で組み立てなおす実像忠臣蔵ロマン。

清水一学、小林平八郎、新貝弥七郎、鳥井利右衛門……。主君・上野介への忠義において、浅野方と上下があろうはずのない吉良家臣団。その一人ひとりにも秘められたロマンがあった。力と力、頭脳と頭脳の駆け引きが繰り広げられるなかに、いよいよ対決の日が迫る。一大歴史絵巻。

「吉良忠臣蔵(集英社文庫)」の作品情報

レーベル
集英社文庫
出版社
集英社
ジャンル
文芸 ミステリー・推理・サスペンス 歴史 推理
ページ数
324ページ (吉良忠臣蔵(上))
配信開始日
2013年12月13日 (吉良忠臣蔵(上))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad