電子書籍 シオン~闇のソムリエ マンガ

イラスト: 内山まもる  著: 宮崎信二 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

シオン~闇のソムリエ(1) あらすじ・内容

吹き溜まりの街、新宿歌舞伎町に黒いワインをサービスするソムリエがいる。という噂が流れた。その黒いワインを飲めば、“黒い願い”が叶うというのだが…。そんなある晩、黒いワインを出すという噂の店に、そのワインが欲しいという男・笠原巡査長が現れる。笠原は、店のマスター・凶子に前金として100万円を渡すと、後日、会員制のクラブに行くように言われる。そしてそこに現れたのは一人の男、闇のソムリエ・シオンと呼ばれる男であった…!

この作品を共有
  

「シオン~闇のソムリエ」最新刊

広域暴力団・乾神会幹部の九十九真聖は、凶子を通じ、乾神会が昔から飼っているヒットマンたちが、闇のソムリエに領分を横取りされたことを理由にシオンを狙っていることを告げる。素顔を見た者は、依頼人ですら命を奪われる…。そんなルールのもと“黒い願い”を叶えてきたシオンだったが、今回の件が九十九の罠であることを知ったシオンは、九十九の前に素顔で現れ…!?

「シオン~闇のソムリエ」作品一覧

(3冊)

各400円 (+税)

まとめてカート

吹き溜まりの街、新宿歌舞伎町に黒いワインをサービスするソムリエがいる。という噂が流れた。その黒いワインを飲めば、“黒い願い”が叶うというのだが…。そんなある晩、黒いワインを出すという噂の店に、そのワインが欲しいという男・笠原巡査長が現れる。笠原は、店のマスター・凶子に前金として100万円を渡すと、後日、会員制のクラブに行くように言われる。そしてそこに現れたのは一人の男、闇のソムリエ・シオンと呼ばれる男であった…!

腐敗した世の中の悪を始末する闇のソムリエ・シオン。そのシオンに依頼するには、黒いワインを飲むことが条件だというが…。ある時、カミオ・グループの総帥・神尾武郎は、新作デザインの発表前に、情報がライバル社に漏れるという不祥事が続いたため、ボケたフリをして内部にいると思われる犯人を探っていた。そうして犯人を突き止めた神尾は、噂を頼りに凶子に黒いワインを頼むのだが、なぜか拒否されてしまい…!?

広域暴力団・乾神会幹部の九十九真聖は、凶子を通じ、乾神会が昔から飼っているヒットマンたちが、闇のソムリエに領分を横取りされたことを理由にシオンを狙っていることを告げる。素顔を見た者は、依頼人ですら命を奪われる…。そんなルールのもと“黒い願い”を叶えてきたシオンだったが、今回の件が九十九の罠であることを知ったシオンは、九十九の前に素顔で現れ…!?

「シオン~闇のソムリエ」の作品情報

レーベル
マンガ茅舎
出版社
トラスト・ツー
ジャンル
マンガ 男性向け 青年マンガ ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
216ページ (シオン~闇のソムリエ(1))
配信開始日
2015年4月3日 (シオン~闇のソムリエ(1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad