電子書籍 日経情報ストラテジー専門記者Report 実用

著者: 山端宏実  編集: 日経情報ストラテジー 

まずは、無料で試し読み

試し読み

19ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ベイシアグループ 知られざる流通優等生の素顔(日経BP Next ICT選書) 日経情報ストラテジー専門記者Report(1) あらすじ・内容

「日経情報ストラテジー」専門記者のデータ分析経営レポート(1)
本書の平均読了時間約18分(約11,000字)
 スーパーやホームセンター、作業服販売店などをチェーン展開するベイシアグループ。
 消費増税や円安という逆風が吹くにもかかわらず、好調を維持し、売上高1兆円に迫る。そんな知られざる流通優等生が最新IT(情報技術)を導入し、安さに磨きをかけている。
 SCM、IoT(モノのインターネット)、アナリティクスを武器に、国内市場を深耕する。ITを使ってヒト・モノ・カネを最適化する挑戦を紹介する。
※本書は日経情報ストラテジー2015年2月号の特集記事「知られざる流通優等生」をスマホ向けに再構成したものです。
【目次】
PART1
「激安」の実現に最新ITフル活用
PART2 カインズ:モノの一生を管理する
データ駆動会議で人気PBを連発
PART3 ベイシア:カネにまつわる無駄を省く
IoTで混雑予測、レジ待ち撲滅
PART4 ワークマン:ヒトの問題解決力を磨く
店舗指導員がデータ分析官

この作品を共有

「日経情報ストラテジー専門記者Report」最新刊

「日経情報ストラテジー」専門記者のデータ分析経営レポート(10)
本書の平均読了時間約17分(約10,400字)
 「データ分析の仕事は専門家の仕事」と思ったら大間違いだ。
 企業でパソコン1人1台体制が進んだその昔、ITリテラシーの重要性が叫ばれた。パソコン操作を他人任せにせず、自分で使いこなせるようになることが課せられた。
 それと同じことだ。今やデータを仕事に上手に生かすための基本的な素養「データリテラシー」を身に付けることが、ビジネスパーソンの“必修科目”になった。
 企業は、普通の社員がデータを分析し、仕事で成果を出せるようにするための工夫を凝らす必要がある。ただし、高度な分析スキルは不要だ。統計学や分析手法などの基本を教えれば十分。既に実践している企業の取り組みなどから、7つの決め技を紹介しよう。
※本書は日経情報ストラテジー2014年5月号の特集記事「高めよう!データリテラシー」をスマホ向けに再構成したものです。
【目次】
決め技1 プロを招き少数制集団指導 演習形式で統計学を教える
決め技2 需要予測はITにお任せ 現場に提供するデータを絞る
決め技3 情報共有インフラが要 検索性を高める工夫を
決め技4 エクセルの基本を改めて学ぶ スキルの“ばらつき”をなくす
決め技5 簡単分析ツールを積極活用 知名度なんて気にしない
決め技6 データ項目を統一しよう 事前準備の重要性を“実感”
決め技7 外部のサービスを上手に使う 丸投げと過剰な期待は禁物

「日経情報ストラテジー専門記者Report」作品一覧

(9冊)

各500円 (+税)

まとめてカート

「日経情報ストラテジー」専門記者のデータ分析経営レポート(1)
本書の平均読了時間約18分(約11,000字)
 スーパーやホームセンター、作業服販売店などをチェーン展開するベイシアグループ。
 消費増税や円安という逆風が吹くにもかかわらず、好調を維持し、売上高1兆円に迫る。そんな知られざる流通優等生が最新IT(情報技術)を導入し、安さに磨きをかけている。
 SCM、IoT(モノのインターネット)、アナリティクスを武器に、国内市場を深耕する。ITを使ってヒト・モノ・カネを最適化する挑戦を紹介する。
※本書は日経情報ストラテジー2015年2月号の特集記事「知られざる流通優等生」をスマホ向けに再構成したものです。
【目次】
PART1
「激安」の実現に最新ITフル活用
PART2 カインズ:モノの一生を管理する
データ駆動会議で人気PBを連発
PART3 ベイシア:カネにまつわる無駄を省く
IoTで混雑予測、レジ待ち撲滅
PART4 ワークマン:ヒトの問題解決力を磨く
店舗指導員がデータ分析官

「日経情報ストラテジー」専門記者のデータ分析経営レポート(3)
本書の平均読了時間約43分(約25,900字)
 データを分析すると意外な事実が分かってくる。そんな発見を50個集めてみた。消費者の深層心理や行動をあぶり出し、人生の転機を左右する発見を紹介する。
 常識を覆す大発見もあれば、ちょっとしたトリビアもある。大事なのは、「そうなんだ」で終わらず、結果を基に行動を起こすこと。それが分析から収益を生み出す第一歩なのだ。
※本書は日経情報ストラテジー2014年12月号の特集記事「分析が生んだ発見50」をスマホ向けに再構成したものです。
【目次】
巨大ECサイト編
発見1 お笑いDVDが売れると景気上昇(楽天)
発見2 AKB48のCDは予測不可(楽天)
料理レシピ編
発見6 「八丁味噌」の検索頻度が一番高いエリアは首都圏(クックパッド)
発見7 「桃」と組み合わせて食べるのは「モッツァレラ」(クックパッド)
深層心理編
発見10 20代男子はダメになりたい(良品計画)
発見11 料理上手の動く幅は30センチ(LIXIL)
消費者行動編
発見15 女子は秋、旅をする(日本航空)
発見16 無印良品は、実はカレー屋さんでした(良品計画)
価値観・トレンド編
発見30 日本人の半数が「先物買い」好き(アビームコンサルティング)
人生の転機・くらし編
発見34 結婚:挙式満足度は当日より準備期間で(エスクリ)
ネット利用編
発見42 検索窓を1ピクセル太らせ5億円増(ヤフー)
アミューズメント編
発見47 アイドル人気凋落は書き込みで占う(ルグラン) ほか

「日経情報ストラテジー」専門記者のデータ分析経営レポート(4)
本書の平均読了時間約32分(約18,900字)
 「イノベーションを起こせ!」。多くの企業では今、トップの大号令が響き渡っている。だがちょっと待ってほしい。
 そもそもあなたの会社には、イノベーションを生み出せる土壌が整っているのだろうか。
 一口にイノベーションと言っても、新規事業開発と既存事業の変革の大きく2つに分かれる。どちらにしても、新しいことに取り組める人材は、社内の“異端児”であることが多い。
 人とは違う発想ができ、しかも行動に移せるからこそイノベーションは起きる。本書ではそうした突き抜けた人材を「異能ベーター」と呼ぶ。
※本書は日経情報ストラテジー2014年11月号の特集記事「異能ベータ―の条件」をスマホ向けに再構成したものです。
【目次】
PART1 ネスレ日本の“発明” 社内転職で退路断ち、オフィス行脚
PART2 トヨタが農業の驚き 現地現物で汗かくのは水田も同じ
PART3 DeNAがDNA検査 強烈な個人体験が第2創業の情熱に
PART4 カルビーが百貨店ポテチ 開発素人を隠さず、流通のプロに聞く
PART5 InnovationCafeの発起人 データサイエンティストの次が見えた
PART6 ここにもいた企業内イノベーター データ分析は現場の意識を変えられる

「日経情報ストラテジー専門記者Report」の作品情報

レーベル
――
出版社
日経BP社
ジャンル
実用
ページ数
52ページ (ベイシアグループ 知られざる流通優等生の素顔(日経BP Next ICT選書) 日経情報ストラテジー専門記者Report(1))
配信開始日
2015年3月27日 (ベイシアグループ 知られざる流通優等生の素顔(日経BP Next ICT選書) 日経情報ストラテジー専門記者Report(1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad