電子書籍 日経おとなのOFF 実用

編: 日経おとなのOFF 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

日経おとなのOFF 2018年8月号 [雑誌] あらすじ・内容


※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子化にあたり、著作権・使用権のない記事、写真、図表は掲載しておりません。

Special 1 名著ざっくり完読
立命館アジア太平洋大学学長・出口治明さん 古典にハズレなし! 心の赴くまま読めばいい
フランス文学者・鹿島 茂さん 人間の特権は「考える」こと 哲学を知れば人生は変わる
脳科学者・中野信子さん 最新科学の本を読めば人間観ががらりと変わる
20世紀の世界に最も影響を与えた1冊 カール・マルクスの『資本論』
今年亡くなった、偉大な天才の宇宙論 ホーキング博士の『ホーキング、宇宙を語る』
神話の時代に思いをはせる 日本最古の歴史書『古事記』
人生100年時代を楽しむヒントが満載の2冊 人生後半の生き方の参考書『方丈記』と『徒然草』
【日本文学】×島田雅彦さん 日本文化を支える概念を知りたい 「色好み」の伝統を谷崎潤一郎が引き継いだ
【世界文学】×沼野充義さん ドストエフスキーが日本人に人気の理由は? 日本にも“ドストエフスキー的なもの”が潜んでいるから
【哲学】×岸見一郎さん “哲学して生きる”とはどういうことか? 「知を愛する」営みこそ人として真の生きる道
【宗教】×橋爪大三郎さん 宗教は人間にどんな影響を与えてきたのか? 『聖書』と『法華経』で70億人の宗教観が理解できる
【日本史】×山本博文さん 昔の日本人は何を考えていたのか? 歴史を“追体験”できる『大鏡』と『日本外史』

この作品を共有

「日経おとなのOFF」最新刊


※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子化にあたり、著作権・使用権のない記事、写真、図表は掲載しておりません。

Special 1 名著ざっくり完読
立命館アジア太平洋大学学長・出口治明さん 古典にハズレなし! 心の赴くまま読めばいい
フランス文学者・鹿島 茂さん 人間の特権は「考える」こと 哲学を知れば人生は変わる
脳科学者・中野信子さん 最新科学の本を読めば人間観ががらりと変わる
20世紀の世界に最も影響を与えた1冊 カール・マルクスの『資本論』
今年亡くなった、偉大な天才の宇宙論 ホーキング博士の『ホーキング、宇宙を語る』
神話の時代に思いをはせる 日本最古の歴史書『古事記』
人生100年時代を楽しむヒントが満載の2冊 人生後半の生き方の参考書『方丈記』と『徒然草』
【日本文学】×島田雅彦さん 日本文化を支える概念を知りたい 「色好み」の伝統を谷崎潤一郎が引き継いだ
【世界文学】×沼野充義さん ドストエフスキーが日本人に人気の理由は? 日本にも“ドストエフスキー的なもの”が潜んでいるから
【哲学】×岸見一郎さん “哲学して生きる”とはどういうことか? 「知を愛する」営みこそ人として真の生きる道
【宗教】×橋爪大三郎さん 宗教は人間にどんな影響を与えてきたのか? 『聖書』と『法華経』で70億人の宗教観が理解できる
【日本史】×山本博文さん 昔の日本人は何を考えていたのか? 歴史を“追体験”できる『大鏡』と『日本外史』

「日経おとなのOFF」作品一覧

(3冊)

648円〜694円(+税)

まとめてカート


※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子化にあたり、著作権・使用権のない記事、写真、図表は掲載しておりません。

Special 1 名著ざっくり完読
立命館アジア太平洋大学学長・出口治明さん 古典にハズレなし! 心の赴くまま読めばいい
フランス文学者・鹿島 茂さん 人間の特権は「考える」こと 哲学を知れば人生は変わる
脳科学者・中野信子さん 最新科学の本を読めば人間観ががらりと変わる
20世紀の世界に最も影響を与えた1冊 カール・マルクスの『資本論』
今年亡くなった、偉大な天才の宇宙論 ホーキング博士の『ホーキング、宇宙を語る』
神話の時代に思いをはせる 日本最古の歴史書『古事記』
人生100年時代を楽しむヒントが満載の2冊 人生後半の生き方の参考書『方丈記』と『徒然草』
【日本文学】×島田雅彦さん 日本文化を支える概念を知りたい 「色好み」の伝統を谷崎潤一郎が引き継いだ
【世界文学】×沼野充義さん ドストエフスキーが日本人に人気の理由は? 日本にも“ドストエフスキー的なもの”が潜んでいるから
【哲学】×岸見一郎さん “哲学して生きる”とはどういうことか? 「知を愛する」営みこそ人として真の生きる道
【宗教】×橋爪大三郎さん 宗教は人間にどんな影響を与えてきたのか? 『聖書』と『法華経』で70億人の宗教観が理解できる
【日本史】×山本博文さん 昔の日本人は何を考えていたのか? 歴史を“追体験”できる『大鏡』と『日本外史』

※電子版には紙版についている付録「ゴッホ幻の『ヒマワリ』万年筆」はつきません。
※使用権の関係により下記画像の掲載はございません。
P5・45・48~50・97田中一村「アダンの海辺」「秋晴」「熱帯魚三種」「白花と赤翡翠」「枇椰樹の森に崑崙花」P43・89藤田嗣治「自画像」「藤田嗣治展ポスター」P71・80ピカソ「ゲルニカ」「横たわる人」「緑の帽子を被った女」P89ダリ「ポルト・リガトの聖母」

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子化にあたり、著作権・使用権のない記事、写真、図表は掲載しておりません。

Special 1 2018夏&秋 絶対見るべき名画・名品77
フェルメール×生物学者・福岡伸一 フェルメールは“科学者”だった!
ムンク×精神科医・斎藤 環 ムンクが描いたのは圧倒的な恐怖
ミケランジェロ×美術批評家・布施英利 なぜ“未完”を目指したのか?
エッシャー×画家・安野光雅 エッシャー作品は「絵」という概念と違うところで生まれた
縄文土器は女性の体、土偶は月を見上げる
[名画を読む]現実ではなく、理想を描くのだから女性の肖像画は美人が当たり前!
[名画を読む]ヌードが表現したものは何か 言い訳が必要だった裸体表現
[名画を読む]その色が置かれているのはなぜ? 画家の目と心に映った色
[名画を読む]横尾忠則さんが語る 画家はなぜ自画像を描くのか
[奇想&国民的画家]蕭白、若冲、そして“新顔”の田中一村 江戸→近代の奇想の画家2018


※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※電子化にあたり、著作権・使用権のない記事、写真、図表は掲載しておりません。

Special 1 おとなの語彙トレ
おとな顔負け! 驚異の高校生は語彙力十段 声に出して真似たい 藤井聡太語録
プロもうなる! 藤井六段は文章力も一流
語彙力アップの近道はやばいの駆逐!?
語彙の質も重要だった 語彙力を鍛える4大メソッド
その言い回し、大丈夫? 間違えるとこっ恥ずかしい語彙30
思わず口に出る一言をブラッシュアップ 一目置かれる置き換え語彙81
後悔先に立たず! 敬語がアナタの印象を左右する
「おとな語彙」で脱・定番メール
ネットには載っていない お礼・お祝い・謝罪 「手紙の言葉」グレードアップ術
Interview 橋本治の敬語論 「敬語はいいかげんであるほど正しいのです」
夏井いつき直伝! 目から鱗の俳句講座
Interview 岸本葉子 「俳句を続けると語彙が飛躍的に増えます」
季語クイズに挑戦!
人生のお供にしたい禅語31
語彙力アップの“ずるい”記憶術
特別保存版 おとなの語彙トレ&脳トレ パズルBOOK
満席御礼の人気講座を誌上で体験![校閲界の東大!]新潮社校閲部が教える おとなの校正入門
文豪たちに学ぶ「喜怒哀楽」の表現術
10年ぶりの改訂で増えた言葉&新しい意味21 なるほど! ザ・New広辞苑
語彙を増やしたいなら国語辞典は2種類以上使いなさい!

Special 2 85歳、現役料理研究家 小林まさるのサバ缶で家ごはん&おつまみ

「日経おとなのOFF」の作品情報

レーベル
――
出版社
日経BP社
ジャンル
実用 雑誌 シリーズ予約
ページ数
101ページ (日経おとなのOFF 2018年8月号 [雑誌])
配信開始日
2018年7月12日 (日経おとなのOFF 2018年8月号 [雑誌])
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad